« 久しぶりで更新 | Main | 代表 »

May 14, 2006

東京 0-1 福岡 最悪の出来

 「準消化試合」とはいえ、閑散としたスタジアムで試合は始まった。前半の半ばまでは東京がチャンスを作るが決められず、ノリオのフリーキックがバーを叩くシーンなんかは本当に惜しかったけれど、だんだんと福岡がペースを握ってきた。特に梶山がボールを奪われるカウンターから、相手が数的優位になるが決められないというシーンが、少なくとも二度あり、ボールを奪われた梶山が守備に戻るのが遅いのにはイライラした。
 だから、後半開始時の彼の交代は妥当だったと思う。その相手が伊野波というのも、ときどき弱いパスをカットされるという悪癖は別としても、間違いはないのだろう。しかし、後半は、よりチャンスが少なくなり、打開すべく「戸田→阿部」、「宮沢→ササ」という手を打つが特に変化がなく、手詰まり感が出てくる。福岡もサイドの古賀が何度もチャンスを作るが、信じられないほどシュートが決まらない。東京が打つ手がない中、何とか試合の流れを変えられないのかと思っていたとき、逆に福岡は俊足宮崎を投入し、その宮崎がバックラインの裏に抜け出して得点。同じようなピンチを何度も作られ、何度も塩田のファインセーブで逃れていたが、これだけ何度もやられていたら、いつか決められる。やられそうなことがわかっていて、修正ができないのはなぜなのか? 最大の疑問だった。
 さて、実態はよく分からないけれど、後半、ゴール裏が応援を控えている中、自然発生的に歌が始まったと思うのだが、それに対して、太鼓が、わざとかどうかは分からないが、全然テンポを合わせることができなかった。確かに歌から始まった場合にリズムをキープするのは難しいと思うのだけれども、あれなら叩かないほうがずっとましだ。「サポートで試合に勝つ」なんてことは、ほとんど信じていないけれども、今日はスタジアム中に「勝てない」という雰囲気が充満してしまい、結局それに試合を支配されてしまったと思える嫌な日であった。別に応援しないという選択肢も絶対ないとは思わないけれども、中途半端はもっとよくないと思う。

<5/18誤記訂正も含めて少しだけ修正>

|

« 久しぶりで更新 | Main | 代表 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/10069912

Listed below are links to weblogs that reference 東京 0-1 福岡 最悪の出来:

« 久しぶりで更新 | Main | 代表 »