« TO*SCA | Main | 「㈱グランヴェールとの和解成立について」について »

April 09, 2006

東京 3-1 磐田 点が入れば勝てるのだ(4月8日)

 ルーカスの1点目は、結構きれいだなと思っていたけれど、後でテレビでみたら、栗澤が絶妙のアシスト、バックラインの裏へシュートができる浮き玉を出し、それをルーカスがこれしかないというループを決めたことが分かった。
 その直後に名波のヒールパスから失点したときには、個人的にはかなりがっくり来た。更にササが決定機を決めきれずに、嫌な感じがしていたが、その直後、前半終了間際のコーナーキックをルーカスがまたもボレーで決めたのは大きかった。その後もピンチがありながらも前半を2-1で終わらせ、更にイエローをもらって注意も受けていた伊野波を後半から交代させたのも大正解だったと思う。後半「長い時間を10人」という予感もあったので…
 で、宮沢の投入も成功し、「見事、あそこに栗澤が詰めていた!」という追加点で「今日は行ける」という感触。栗澤と浅利を交代させて中盤の守備が安定するとともに、今野や宮沢が攻撃に行けるようにもなり、終了間際は赤嶺ではなくて川口を入れて「ダメ押し」したかったけれど、まあ、この日の選手交代は的確だったと思う。
 まあ、ルーカスがこれまでに2,3点でも取っていたら、戦術も何も関係なく、全然違う状況になっていたと思うけれど、とりあえずはチーム全体の原状の問題点を、早い段階で認識できたというとはいえるだろう。監督もようやく日本のサッカーや現状の東京のチーム・選手のレベルが分かってきたような感じもする。増嶋にメドが立ったことも大きい。あとは戸田が復帰して前線をかきまわしてくれるのを待ちたいが、使ってくれるかな?
 それにしても吉田主審は酷かったと思うよ。徳永のイエローなんて、そもそも茶野のファウルだろうし、副審との協力が薄くて、ナーバスになり過ぎていたのではないかと… ノリオも3枚目をもらってしまい、「リーチ」だが、出場停止になったときに、金沢か藤山がフィットするだろうか?
 ジーコが来ている中、今野のアピールはもう一歩だったと思うが、呼んでもらいたいなあ…

|

« TO*SCA | Main | 「㈱グランヴェールとの和解成立について」について »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/9501254

Listed below are links to weblogs that reference 東京 3-1 磐田 点が入れば勝てるのだ(4月8日):

« TO*SCA | Main | 「㈱グランヴェールとの和解成立について」について »