« メドレー・組曲対策(i-Pod) | Main | G大阪 1-0 東京 都内某所で »

April 16, 2006

東京 2-3 千葉 試行錯誤が続く(4月15日)

 ジャーンと赤嶺が出てきたと思ったらノブオコールが、おっ、3人交代か? あまりにも悲惨な前半、ガーロがよくやる2人交代は、この状況では「あり」だと思っていたが、3人というのには、監督から選手へはもちろん、サポーターへのメッセージも含まれていたと思う。「非常手段まで取った」という若干の「保身」の意味もあったかもしれないが…
 さて、手は打ったが後半にも3点目の失点ということで、交代枠もなくなった窮状の中、なりふり構わずに攻めていたら、PKとGKのファンブルとで1点差まで詰め寄る。その後も惜しい場面も数回あったが、結局追いつけず。
 水曜日、三ツ沢には行けなかったのだが、3バックがうまくいかなかったということで、ジャーンを外して伊野波を入れたのだろう。しかし、高さと強さのある巻のいる千葉にはこれがよくなかったようだ。前半はマークが甘く、失点以外にもピンチが多々あったが、一つには相手と違ってプレーに「確信」がなく、迷いが含まれているので、こういうことが起こるのだと思う。そして伊野波はパススピードが遅く、いわゆるアンカーのポジションとして、守備から攻撃への切り替えの役割ができていない。ここには今野か増嶋・浅利のほうがまだ適任でなないかと思うのである。また、ササも機能せず、ひょっとしたら昨年のようなスーパーサブのほうが合っているのかもしれない。栗澤については、あれだけ気を利かせて動いていると、90分や連戦にはキツいという印象。「トップ下のサブ」というなかなか得がたい貴重な人材だが、馬場等との併用があって生きるのだろう。てなことで宮沢・阿部の出場枠が失われたのも痛かったと思う。点は取ったけれど赤嶺かなあ? ある程度、後半戦も想定した起用なのかもしれない。
 ところで、体育教師っぽくて、しかもポジショニングが悪い(選手とぶつかったり、パスカットしてしまう)上川は相変わらずダメ審判で、ワールドカップに出すのは「恥の輸出」だと思う。が、その体育教師的な面ををよく理解できずに、千葉GKの立石が遅延行為でカードをもらって前半を終えたので、それが彼のファンブルにもつながったと思うし、後半開始から、もっと自分の流れにできたのではないかと思うのである。
 最後に、次節は、ノリオが加地に蹂躙されそうで、ちょっと怖い。といっても、藤山が今回サブにも入らなかったということは、三ツ沢での彼のプレーに監督が満足できなかったのだろうし、金沢もまだだろうなぁ。
 まだまだしばらくは試行錯誤が続くだろうが、早く迷いを確信に変えて貰いたいものである。前半だってときどきは、千葉のプレスをかいくぐってボールが回っているときだってあったのだから、少しは新しいカラーも出てきているのだ。願望としては、アクセントとしても戸田か石川のような「飛び道具」も欲しいところだが…

|

« メドレー・組曲対策(i-Pod) | Main | G大阪 1-0 東京 都内某所で »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/9615682

Listed below are links to weblogs that reference 東京 2-3 千葉 試行錯誤が続く(4月15日):

« メドレー・組曲対策(i-Pod) | Main | G大阪 1-0 東京 都内某所で »