« February 2006 | Main | April 2006 »

March 27, 2006

東京 2-1 京都 半歩半歩(3月26日)

 試合前の選手紹介では、予定通り、星と松田に拍手で、中払に大ブーイング(新しい人のために「参考」)。
 キックオフから間もないセットプレーでジャーンが決め、その後も京都が引き気味なためか、ボールがよく回る。そういうときこそ「好事魔多し」ということで、前半終了間際、相手コーナーキックからジャーンがヘッドでクリアしたボールが上がり、それをアレモンに決められた。彼のヘッドは弧を描き、土肥を越えて行ったのである。前半は欲求不満のままに終了。それにしてもセットプレーからの失点が多い。サブ組に頑張ってもらって練習を積む必要があるのではないだろうか?
 後半も引き気味の京都を崩せず、前でボールをキープしても人が足りなかったり、ある程度人数がいても、カウンターのリスクを考えると、一か八かのパスはすべきでないからスローダウンだったりという時間帯が続き、スタンドもイライラを増す。ルーカス・馬場をササ・栗澤というのはある程度予想通りだったが、動きのよかった川口を阿部に代えたのは、梶山→宮沢ではないかとも思った。
 結局、このまま引き分けかと思ったら、コーナーキックからのこぼれ玉を、ゴールラインギリギリで徳永が蹴ったボールが、反対側のポストに当たってゴールイン。オウンゴールだと思っていたが、徳永のゴールだった。
 まだまだだけれど、少しずつよくなっているところもあるし、ケガ人・不調者・戦術未適応人その他問題もあるが、昨年までの「一対一勝負だけ」から脱却して、チームとして、一歩一歩、いや、半歩半歩ずつ向上していって欲しいものだ。そりゃあ、戸田や石川には早く戻ってきて欲しいが、その前に改善しなければいけないことは、まだまだたくさんある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 26, 2006

歩くせたがや21コース

 「世田谷ブランドアップ協議会」というところから出た「歩くせたがや21コース」という本を、渋谷区の京王線沿線の書店で見つけて衝動買いした。私の出身地(実家)の近くも出ているからである。
 買って帰ってきて、ぱらぱらとめくっていたら、ガーロ監督を中心とするFC東京の選手集合写真を使った広告が! 
 しかしながら、数頁後にはヴェルディの広告もあったので、「ぬか喜び」。「VS愛媛FC」「ヴェルディは世田谷区でホームゲームを開催します!」「2006年3月18日駒沢スタジアム」なんて書いてある。でも、この本を買ったのは昨日(3月25日)で、この本の奥付には「2006年3月30日発行」とあるから、実際この本がいつから店頭に並んだのかは分からないけれど、ほとんどの人にとっては「過去のできごと」の広告に過ぎないのだろう。
 駒沢については、照明設備がないという問題もあって正式なホームにはできないというのは過去にさんざん聞かされた話だが、個人的には昇格前の思い出の詰まったあの古いスタジアムで、たまには試合を見たくなるときもある。東京としても、2万3千人弱しか入れないから、現在では状況によっては満員になってしまうので、使うべきではない場合が多いのだろうけれど…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 23, 2006

香り自体に知的所有権 仏で判決、独創性を認定

<記事より>
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=econ&NWID=2006032001004315
【パリ20日共同】
 パリの控訴院がこのほど、香水に知的所有権を認め、ベルギーの企業に対し有名香水メーカーの香りを盗作したとして損害賠償の支払いを命じる判決を言い渡した。原告側弁護士によると、商標や包装ではなく香りそのものに独創性を認めた画期的な判決だという。

<コメント>
 あーあ。「知的所有権」という誤訳が、せっかくの「画期的な判決」の記事を台無しにしてしまったようだ。ここは「著作権」と訳さないと、フランス、その「香水産業」の特異性(異常性と言いたいところ)が出ないと思う。下の参考資料によれば、フランスでは、香水を芸術作品と同様に、何と著作権で保護しているからである。著作権だと最低でも特許権の倍、50年の保護がされるのである。仮にレストランの料理やワインについて、同じような保護がされたら大変なことになる。被告がベルギー企業だということは、影響してはならないはずだが…
 なお、「商品や包装」は"Trademark"や"Trade Dress"のフランス語(要するに商品の出所を表示するもの)の可能性はあるけれど、まさか、「独創性」が「自他商品識別機能(商標性)」ということはないだろう。商標権だと永久保護だし…
 本来は自由競争だと思うが、デッドコピー的なものに限り、日本でいう「不正競争」で保護する余地はあるのかもしれないが、どうなんだろうか?
 サッカーでもそうだけれど、報道記事を読むときには、よくよく考えないといけないのである。

<参考>
井奈波 朋子「香りの著作物性」
http://www.itlaw.jp/thierry.pdf

| | Comments (1) | TrackBack (0)

川崎 2-2 東京 続編

 阿部・ササ・梶山が抜けてリチェーリ・馬場・宮沢が入ったが、キックオフ直後から、「よくなったぞ」という印象。徳永も攻撃に絡めるようになった。ただ、そんな中、ジャーンがイエローをもらった直後のFKで、集中力を欠いたのか、なぜか谷口をフリーにしてしまって失点。直後にリチェーリが負傷交代と、暗雲たち込める前半終了。馬場は悪くなかったが、無理なスルーパスも多かった。
 でも、後半キックオフから怒涛の攻撃が始まった。宮沢のシュートがバーに当たり、ルーカスも、どうやったら外せるのか分からないようなヘッドを外す。直後に宮沢のフリーキックにジャーンがヘッドで合わせて同点。そして、いつの間にか魔法のように抜け出した川口が、GKを交わして決めて逆転に成功する。交代した栗澤がよくボールに絡み、川口も巧みにパスを受けるコースを作っていた。他の選手もこういう動きができれば、問題は解決しそうだ。サッカーは一対一も大事だけれど、パスがあってこそドリブルも生きるのだと思うのである。
 さて、その後増嶋を投入した直後に追いつかれたのだが、まあ、この日も、茂庭・ジャーン・土肥等が、ファウル覚悟で、最後の「一か八か」で止めるようなシーンも数多く、このまま勝ったらバチが当たりそうな内容でもあったので、仕方がないだろう。
 そうそう、増嶋投入前は、セットプレーでファーサイドから何度もヘッドで折り返されるというピンチがあったので、監督は高さを求めていたのだと思うよ(24日追加)。
 ガーロ監督も、シーズン前は京都・甲府あたりとしか試合をしていないので、J1の拮抗したレベルがようやく分かってきたのではないだろうか。また、パスを受ける動きができない選手が多いということも… で、次なんだが、リチェーリがケガだとすると、川口がよかったし、阿部もいる中で、ルーカス・ササの2トップで行くのだろうか? 監督としては、サブを多く入れられるようになったとはいえ、スタメンについては悩むだろうなあ…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 22, 2006

川崎 2-2 東京 少し見えてきた(3月21日)

 詳しくはまた書くが、目指す方向が少し見えてきた。川口・栗澤のような動きをすればパスサッカーはできるわけだが、パスサッカーは大卒でないとできないとは思いたくない。ところで、リチェーリのケガが深刻だとすると、次からササの使い方に悩むのかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

March 19, 2006

日本vsキューバの決戦

 日本とキューバとの野球の世界選手権の決勝が米国のサンディエゴであるというのは面白い話である。そもそも米国とキューバとの関係を考えると、日本で北朝鮮が日本以外の国と決勝戦を戦うようなものだ。たぶん選手以外のキューバ人は入国を認められないのではないか? それでもすでに移り住んできた人やその子孫もいるだろうから、キューバを応援する人もいるかもしれない。日本が勝ってもめでたいが、キューバが勝ったら米国民は落ち込むのかどうか、ちょっと見てみたい気もしないでもない。
 で、先日述べたこともあるが、キューバが野球のタイトルを米国でとった影響があるかどうかは別として、米国は米国でワールドカップで優勝してしまえば(少なからず可能性はあると思っている)、「ヤケクソ」的に、「この世界も捨てたもんじゃないぞ(2006年にして21世紀末?)」ってことで、米国人が意図しないところで、少しは世の中が平和になるのではないかと、妄想にかられているのである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ウルグアイ人

 妻が、ひょんなことで出会ったウルグアイ人女性と、東京で三人で話をする機会があった。妻は結構英語ができるのだが、彼女の訛りある英語と私の低レベルのスペイン語も交えながらのコミュニケーションは、頭が疲れるけれど楽しいものだった。
 私のウルグアイは一泊 二日だが、これだけでも日本人としてはかなり珍しい部類だった。また行ってもいいような気もした。私がかつてモンテビデオで泊まったホテルはHotel Aramaya。レストランはEl Viejo Sancho、お勧め。
 それにしても、英語もそんなにうまくないのに、地下鉄の地図を片手に浅草経由で日光へ行ってしまうこの人、私の旅心にも「点火」されそうな感じでもあるが、そんな旅が可能な日本というのは、意外といい国なんだと思うのである。日本も特に人口減少という環境下では、外国人旅行者は大事にしないといけないよね。
 ウルグアイはブラジルとアルゼンチンの間にある陸続きの小国で、言葉も同じか近いためか、少なくとも外国(日本)においては、自国人だけでなく、南米近隣諸国の人とあまり違和感なくつき合っているようだった。そこが海外における日本人と違う点かも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 18, 2006

東京 0-1 清水 未だ開幕せず

 前半は清水が慎重に来て、双方ぐだぐだの0-0。開始直後のササのシュート、ルーカスのシュートなどもあり、期待も持ったが徐々にしぼんで来た。後半が始まり、何とかこのまま引き分けないかと思っていたが、コーナーキックから失点。ボールが全く収まらないササと、攻撃に絡めない伊野波を川口・宮沢に代えたのは納得。しかし、その後も攻撃の形はあまり作れず、カウンターからピンチを招く。ルーカスが前に上がってから中盤が更に作れなくなり、徳永も動き出しが遅くてチャンスを生かせずにピンチを作る。そして、前で唯一起点となっていた阿部を赤嶺に代えたら、更にチャンスが減った。まあ、前節よりも、ボールをDFライン近くで無為に奪われることが減ったのが救い。
 なかなかやるべきサッカーのイメージが見えてこないのが辛いところであるが、これまでの個人頼みのサッカーの欠落を埋めるのに時間がかかるのかもしれない。次の川崎は、出場停止者を出して勢いも止まったことだろうから、競り合いに持ち込もうではないか。次はまた少しメンバーをいじるのだろうけれど、馬場やリチェーリ(ササの代わりで)はどうだろうか? あまりメンバー個人だけの問題ではないだろうけれど。それにしても、土肥・茂庭・ジャーンにはずいぶんと負担がかかっているが、よくやっていると思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 16, 2006

鏑木亨は何処に

 様々な検索ツールが並んでいる検索デスクで、ニュースからブログから片っ端から手当たり次第に検索しているのだが、分からない。はたして、彼のプレーする姿を見ることはできるのだろうか?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 11, 2006

新潟 2-0 東京 生みの苦しみ

 テレビで見ていたが、新潟のプレスにパスをつなげずに圧倒され、何とか茂庭と土肥の個人能力で防いでいたが、それも虚しく、2点目は増嶋のミス。まあ、彼は他にはミスはなかったと思うが、次はジャーンを入れてリチェーリが休み? まさかササ?
 徳永はポジショニングが悪いようで、大学では身体能力でカバーできていたかもしれないが、交代も止むを得なかったと思う。パスがうまくつなげないのは、出し手よりも受け手の問題なのではないか? だからリチェーリとササを阿部と川口に代えたのだと思う。
 さて、次からは好調清水・川崎という厳しい相手との戦いであり、新しい戦術が浸透するまでには時間もかかりそうだ。これまでより一つ上のサッカーをするための「生みの苦しみ」である。00年のセカンドステージ、01年等には、結局もとに戻してしまったような感もあったが、さて、今年は?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日とゴールデンウイーク

 木曜日に何か書こうとしたら、長時間ココログがトラブルで書けなかった。
 さて、今日は新潟に行かず、テレビ観戦。一つぐらいいい遠征をしたいが、今年はどこかな?
 ゴールデンウイークには、フランスに行くことになった。前にBlogにも書いたのだが、クレテイユ(自分のページ)と、グルノーブルとの試合を見ようと思っている(日程表)。特に大黒を見たいということではないのだが、パリから近く便利なクレテイユを再訪するというのは悪くない。翌日は、パリ・サンジェルマン(日程表)か? もっと変った試合を見たい気もするが、今回はあまり長い休みではないので、仕方がないだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 06, 2006

東京 2-0 大分 微妙な開幕勝利(3月5日)

 練習はもちろん、プレシーズンマッチも録画で見ただけで、個人的には情報が少ない中でシーズンが始まった。それでも今年はオフが短かったような気がする。初戦は新監督がめざすボールポゼッションを重視するといわれるサッカーがどんなものなのか、そして、これまでの監督たちからの「遺産」をどう引継ぎ、どう変えて行くのかが注目点だと思っていた。
 リチェーリ・増嶋をスタメンとし、サブが、遠藤・藤山・金沢・宮沢・馬場・川口・阿部ということで、CBのジャーンと前田が外れたのは、増嶋への信頼感か? 試合は東京が押して始まった。伊野波あたりのところでボールが取れ、それを展開していく。まずはリチェーリからのクロスをササが押し込み先制し、その後もカウンターからリチェーリが加点。前半はそのまま終了したような感じ。
 後半になると大分のプレスが効き始め、ルーカスがディフェンスに奔走して防ぐ感じ。一度、確か梶山からのボールを奪われ、カウンターを食らい、3対2になったが、茂庭が巧みにコースを限定して、実質2対2に持ち込むような守備をするシーンが印象に残った。増嶋も、相手の攻撃に迫力がなかったからかもしれないが、高松と競り合い、外国人4人を「競争関係」に持ち込むに十分な守備をした。ノリオは守備機会が少なく、攻撃もややワンパターンの突破のみだったか?
 さて、後半、これ以上やるとケガをしそうなリチェーリに代えて川口を起用し、相手にカウンターの脅威を与え、守備疲れでイエローを貰ったルーカスのところには馬場を投入し、勝利を磐石とした。結局2-0で終了。ノリオを金沢に交代して守備を固めるには至らず、ササもフル出場した。結局つなぎ切れないところはあり、今後の課題は残ったようであるが、まだまだこれからだ。
 伊野波は「守備の栗澤」の如く、そつないプレーだったが、上位相手にどこまで通用するだろうか? 徳永・今野あたりは、手を抜いているというのではないが、もっとすごいプレーができるはずである。まあ、監督はもっと細かい修正をしていくのだろう。戸田や石川もリチェーリ・川口のような起用方法なのだろうか? そして、繰り返しになるが、監督のサッカーとこれまでの遺伝子とがどのようにミックスされ、更にこれまで欠落していた点がどのように埋まるのだろうか? 楽しみでも心配でもある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 02, 2006

3月になったのだね

 いよいよ開幕だし、今年は初の外国人監督だし、開幕といえば「東すか」だし、アマラオは"Number"で久しぶりに泣かせてくれてるし、盛り上がる要素ばかりのはずなんだけれど、何だか今年はまだ取り残されているような感じ。始まればいつものようになるのだろうか?
 私生活ではいろいろと「課外授業」があって、たぶん老後の「飯のタネ」になるからもっと一生懸命やりたいのだけど、なかなか準備等の時間が作れ出せないでいる。もっと飲みに行っちゃう機会を減らすべきなのかもしれないが…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2006 | Main | April 2006 »