« 川崎 2-2 東京 少し見えてきた(3月21日) | Main | 香り自体に知的所有権 仏で判決、独創性を認定 »

March 23, 2006

川崎 2-2 東京 続編

 阿部・ササ・梶山が抜けてリチェーリ・馬場・宮沢が入ったが、キックオフ直後から、「よくなったぞ」という印象。徳永も攻撃に絡めるようになった。ただ、そんな中、ジャーンがイエローをもらった直後のFKで、集中力を欠いたのか、なぜか谷口をフリーにしてしまって失点。直後にリチェーリが負傷交代と、暗雲たち込める前半終了。馬場は悪くなかったが、無理なスルーパスも多かった。
 でも、後半キックオフから怒涛の攻撃が始まった。宮沢のシュートがバーに当たり、ルーカスも、どうやったら外せるのか分からないようなヘッドを外す。直後に宮沢のフリーキックにジャーンがヘッドで合わせて同点。そして、いつの間にか魔法のように抜け出した川口が、GKを交わして決めて逆転に成功する。交代した栗澤がよくボールに絡み、川口も巧みにパスを受けるコースを作っていた。他の選手もこういう動きができれば、問題は解決しそうだ。サッカーは一対一も大事だけれど、パスがあってこそドリブルも生きるのだと思うのである。
 さて、その後増嶋を投入した直後に追いつかれたのだが、まあ、この日も、茂庭・ジャーン・土肥等が、ファウル覚悟で、最後の「一か八か」で止めるようなシーンも数多く、このまま勝ったらバチが当たりそうな内容でもあったので、仕方がないだろう。
 そうそう、増嶋投入前は、セットプレーでファーサイドから何度もヘッドで折り返されるというピンチがあったので、監督は高さを求めていたのだと思うよ(24日追加)。
 ガーロ監督も、シーズン前は京都・甲府あたりとしか試合をしていないので、J1の拮抗したレベルがようやく分かってきたのではないだろうか。また、パスを受ける動きができない選手が多いということも… で、次なんだが、リチェーリがケガだとすると、川口がよかったし、阿部もいる中で、ルーカス・ササの2トップで行くのだろうか? 監督としては、サブを多く入れられるようになったとはいえ、スタメンについては悩むだろうなあ…

|

« 川崎 2-2 東京 少し見えてきた(3月21日) | Main | 香り自体に知的所有権 仏で判決、独創性を認定 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/9226673

Listed below are links to weblogs that reference 川崎 2-2 東京 続編:

« 川崎 2-2 東京 少し見えてきた(3月21日) | Main | 香り自体に知的所有権 仏で判決、独創性を認定 »