« 歩くせたがや21コース | Main | またカゼひいた »

March 27, 2006

東京 2-1 京都 半歩半歩(3月26日)

 試合前の選手紹介では、予定通り、星と松田に拍手で、中払に大ブーイング(新しい人のために「参考」)。
 キックオフから間もないセットプレーでジャーンが決め、その後も京都が引き気味なためか、ボールがよく回る。そういうときこそ「好事魔多し」ということで、前半終了間際、相手コーナーキックからジャーンがヘッドでクリアしたボールが上がり、それをアレモンに決められた。彼のヘッドは弧を描き、土肥を越えて行ったのである。前半は欲求不満のままに終了。それにしてもセットプレーからの失点が多い。サブ組に頑張ってもらって練習を積む必要があるのではないだろうか?
 後半も引き気味の京都を崩せず、前でボールをキープしても人が足りなかったり、ある程度人数がいても、カウンターのリスクを考えると、一か八かのパスはすべきでないからスローダウンだったりという時間帯が続き、スタンドもイライラを増す。ルーカス・馬場をササ・栗澤というのはある程度予想通りだったが、動きのよかった川口を阿部に代えたのは、梶山→宮沢ではないかとも思った。
 結局、このまま引き分けかと思ったら、コーナーキックからのこぼれ玉を、ゴールラインギリギリで徳永が蹴ったボールが、反対側のポストに当たってゴールイン。オウンゴールだと思っていたが、徳永のゴールだった。
 まだまだだけれど、少しずつよくなっているところもあるし、ケガ人・不調者・戦術未適応人その他問題もあるが、昨年までの「一対一勝負だけ」から脱却して、チームとして、一歩一歩、いや、半歩半歩ずつ向上していって欲しいものだ。そりゃあ、戸田や石川には早く戻ってきて欲しいが、その前に改善しなければいけないことは、まだまだたくさんある。

|

« 歩くせたがや21コース | Main | またカゼひいた »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/9287507

Listed below are links to weblogs that reference 東京 2-1 京都 半歩半歩(3月26日):

« 歩くせたがや21コース | Main | またカゼひいた »