« 今日とゴールデンウイーク | Main | 鏑木亨は何処に »

March 11, 2006

新潟 2-0 東京 生みの苦しみ

 テレビで見ていたが、新潟のプレスにパスをつなげずに圧倒され、何とか茂庭と土肥の個人能力で防いでいたが、それも虚しく、2点目は増嶋のミス。まあ、彼は他にはミスはなかったと思うが、次はジャーンを入れてリチェーリが休み? まさかササ?
 徳永はポジショニングが悪いようで、大学では身体能力でカバーできていたかもしれないが、交代も止むを得なかったと思う。パスがうまくつなげないのは、出し手よりも受け手の問題なのではないか? だからリチェーリとササを阿部と川口に代えたのだと思う。
 さて、次からは好調清水・川崎という厳しい相手との戦いであり、新しい戦術が浸透するまでには時間もかかりそうだ。これまでより一つ上のサッカーをするための「生みの苦しみ」である。00年のセカンドステージ、01年等には、結局もとに戻してしまったような感もあったが、さて、今年は?

|

« 今日とゴールデンウイーク | Main | 鏑木亨は何処に »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/9043029

Listed below are links to weblogs that reference 新潟 2-0 東京 生みの苦しみ:

« 今日とゴールデンウイーク | Main | 鏑木亨は何処に »