« 3月になったのだね | Main | 今日とゴールデンウイーク »

March 06, 2006

東京 2-0 大分 微妙な開幕勝利(3月5日)

 練習はもちろん、プレシーズンマッチも録画で見ただけで、個人的には情報が少ない中でシーズンが始まった。それでも今年はオフが短かったような気がする。初戦は新監督がめざすボールポゼッションを重視するといわれるサッカーがどんなものなのか、そして、これまでの監督たちからの「遺産」をどう引継ぎ、どう変えて行くのかが注目点だと思っていた。
 リチェーリ・増嶋をスタメンとし、サブが、遠藤・藤山・金沢・宮沢・馬場・川口・阿部ということで、CBのジャーンと前田が外れたのは、増嶋への信頼感か? 試合は東京が押して始まった。伊野波あたりのところでボールが取れ、それを展開していく。まずはリチェーリからのクロスをササが押し込み先制し、その後もカウンターからリチェーリが加点。前半はそのまま終了したような感じ。
 後半になると大分のプレスが効き始め、ルーカスがディフェンスに奔走して防ぐ感じ。一度、確か梶山からのボールを奪われ、カウンターを食らい、3対2になったが、茂庭が巧みにコースを限定して、実質2対2に持ち込むような守備をするシーンが印象に残った。増嶋も、相手の攻撃に迫力がなかったからかもしれないが、高松と競り合い、外国人4人を「競争関係」に持ち込むに十分な守備をした。ノリオは守備機会が少なく、攻撃もややワンパターンの突破のみだったか?
 さて、後半、これ以上やるとケガをしそうなリチェーリに代えて川口を起用し、相手にカウンターの脅威を与え、守備疲れでイエローを貰ったルーカスのところには馬場を投入し、勝利を磐石とした。結局2-0で終了。ノリオを金沢に交代して守備を固めるには至らず、ササもフル出場した。結局つなぎ切れないところはあり、今後の課題は残ったようであるが、まだまだこれからだ。
 伊野波は「守備の栗澤」の如く、そつないプレーだったが、上位相手にどこまで通用するだろうか? 徳永・今野あたりは、手を抜いているというのではないが、もっとすごいプレーができるはずである。まあ、監督はもっと細かい修正をしていくのだろう。戸田や石川もリチェーリ・川口のような起用方法なのだろうか? そして、繰り返しになるが、監督のサッカーとこれまでの遺伝子とがどのようにミックスされ、更にこれまで欠落していた点がどのように埋まるのだろうか? 楽しみでも心配でもある。

|

« 3月になったのだね | Main | 今日とゴールデンウイーク »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/8972862

Listed below are links to weblogs that reference 東京 2-0 大分 微妙な開幕勝利(3月5日):

« 3月になったのだね | Main | 今日とゴールデンウイーク »