« 日本 2-0 フィンランド (2月18日) 引いて守られ… | Main | 「スポーツの敵」との闘い (浦和3-1G大阪 3月25日) »

February 22, 2006

多摩川で、ハーフマラソン距離を走ってみた

 19日の日曜日、京王線、京王多摩川駅先の橋の下(河川敷には2.7キロの表示がある)から、まずは4.3キロメートル地点まで。途中工事で少し回り道があって、さらに4.3キロメートル地点(ここまで調布市)から府中市の0キロメートル地点までには、50メートル程度間隔がある。そこから6キロ、府中市を南武線をくぐって中河原方面まで駆け上がり、6キロ地点(累計7.6キロ強)で折り返し、走り始めた調布の2.7キロ地点まで戻って(15.2キロ強)、逆に狛江市に近い調布の0キロメートル地点へ(17.9キロ強)。それから2.7キロ地点(20.6キロ強)を越えてさらに200メートルを往復(21.0キロ強)。実はハーフマラソンの本当の距離が21キロなのか、21.0975キロ(マラソンのちょうど半分)なのか、21.1キロなのかも知らないのだが、いずれにしろ、回り道と間隔とを足せばクリアしているはずである。タイムは107分とちょっとであった。100分を切るのが目標か?
 最後は筋肉痛で完全に足が止まったが、久しぶりに多摩川の風景を拝んで、楽しくもあった。でも、フルマラソンを走る気にはならない。体を悪くしそうだから。
 ここを走っていると、「ホンモノ」のランナーに抜かされるが、同じ人間とは思えないのである。
 その後、5,6年ぶりに京王多摩川駅近くの緑湯へ行って一休み。気持ちいい。市内を散策したかったが、足が痛くて京王多摩川駅に戻った。今度は中河原よりも、もっと川上側まで走ってみようかな? なお、京王多摩川駅のコインロッカーは駅構内にある。

|

« 日本 2-0 フィンランド (2月18日) 引いて守られ… | Main | 「スポーツの敵」との闘い (浦和3-1G大阪 3月25日) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/8791746

Listed below are links to weblogs that reference 多摩川で、ハーフマラソン距離を走ってみた:

« 日本 2-0 フィンランド (2月18日) 引いて守られ… | Main | 「スポーツの敵」との闘い (浦和3-1G大阪 3月25日) »