« January 2006 | Main | March 2006 »

February 26, 2006

「スポーツの敵」との闘い (浦和3-1G大阪 3月25日)

 追記(3月5日)
 「とんでもないカメラマン」については誤解があり、記事に加筆があったので再度リンクを参照してください。

 「マスコミに大ブーイングするレッズゴール裏を パシャパシャと撮り続ける とんでもないカメラマンが登場!!
 この周囲の事実関係がおおむね正しいとすれば、サッカーファン、いや、スポーツファンなのか何なのか分からないが、我々のスポーツ、もっと広い範囲の文化の敵である一部の「マスゴミ」との「闘い」の必要性が、顕在化した一つの事例であろうと思う。もちろん、「ペットボトル投げる」とか、「手を出す」とかやったらゴミ以下なので、それは念のため。
 報道の自由というのは、基本的人権にもかかわる最も尊重されるべき権利だと思うが、そのためなら他人の正当な権利を侵害してもいいという勘違いをする輩が少なくない。本件も、選手と現場のサポーターとが、試合後にコミュニケーション(それも挨拶程度)をする権利を侵害され、その挙句に更に起こった事件とぐらいはいえるだろう。現場のサポーターは、テレビ観戦者や報道機関と違い、金を払って現場にいるのだから、そのぐらいの権利はあるはずだ。
 ちょっと例としては違うのだが、著作権法41条では、「写真、映画、放送その他の方法によつて時事の事件を報道する場合には、当該事件を構成し、又は当該事件の過程において見られ、若しくは聞かれる著作物は、報道の目的上正当な範囲内において、複製し、及び当該事件の報道に伴つて利用することができる。」とある。これと同じようは複製や利用を我々がブログでやったら、場合によってはブタ箱行きだ。
 だからこそ、このような特権を与えられている者には、責任も伴うということだけは忘れてもらいたくない。「何でもありではない」という点でいうと、写真週刊誌を売るために、ヌード写真ばかり刺激的に紹介した映画の紹介記事らしきものが、「報道の目的上正当な範囲内」ではないとされた判決例を思い出した。

H13.11. 8 東京地裁 平成12(ワ)2023 著作権 民事訴訟事件
「当裁判所の判断」から抜粋
 本件記事が著作権法41条所定の時事の事件の報道のための利用に該当するかどうかを検討するに,同条所定の利用というためには,本件記事がその構成,内容等に照らして,時事の事件を報道する記事と認められることを要するというべきであるが,本件記事においては,前記認定のとおり,本件映画に関して,「A初ヌード」「『裸乳シーン』も公開で大騒動!」というような各大見出しが付され,本件活版記事にAの3つのヌードシーンを具体的に説明する文章があり,さらに本件写真が本件グラビアの最後の1ページのほぼ全体を使って掲載され「ラブシーンで全裸になるA。」などの記述が付されているのであって,このような本件記事の構成及び内容からみれば,本件記事が主として伝達している内容は,女優Aが本件映画で初めてヌードになっているということに尽きるものであって,本件記事は,読者の性的好奇心を刺激して本誌の購買意欲をかきたてようとの意図で記述されているものといわざるを得ない。そして,本件映画においてAがヌードになっているということが時事の事件の報道に該当しないことは明らかであるから,本件記事への本件写真掲載は,著作権法41条所定の時事の事件の報道のための利用に当たらないというべきである。

 もちろん私は「浦和レッズの敵」であり、浦和の事件だから何となく「喜劇感」も感じるのだけれど、本件は我々の生活に大きく影響するゆゆしき事態だと思うので、注目していきたいと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 22, 2006

多摩川で、ハーフマラソン距離を走ってみた

 19日の日曜日、京王線、京王多摩川駅先の橋の下(河川敷には2.7キロの表示がある)から、まずは4.3キロメートル地点まで。途中工事で少し回り道があって、さらに4.3キロメートル地点(ここまで調布市)から府中市の0キロメートル地点までには、50メートル程度間隔がある。そこから6キロ、府中市を南武線をくぐって中河原方面まで駆け上がり、6キロ地点(累計7.6キロ強)で折り返し、走り始めた調布の2.7キロ地点まで戻って(15.2キロ強)、逆に狛江市に近い調布の0キロメートル地点へ(17.9キロ強)。それから2.7キロ地点(20.6キロ強)を越えてさらに200メートルを往復(21.0キロ強)。実はハーフマラソンの本当の距離が21キロなのか、21.0975キロ(マラソンのちょうど半分)なのか、21.1キロなのかも知らないのだが、いずれにしろ、回り道と間隔とを足せばクリアしているはずである。タイムは107分とちょっとであった。100分を切るのが目標か?
 最後は筋肉痛で完全に足が止まったが、久しぶりに多摩川の風景を拝んで、楽しくもあった。でも、フルマラソンを走る気にはならない。体を悪くしそうだから。
 ここを走っていると、「ホンモノ」のランナーに抜かされるが、同じ人間とは思えないのである。
 その後、5,6年ぶりに京王多摩川駅近くの緑湯へ行って一休み。気持ちいい。市内を散策したかったが、足が痛くて京王多摩川駅に戻った。今度は中河原よりも、もっと川上側まで走ってみようかな? なお、京王多摩川駅のコインロッカーは駅構内にある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 19, 2006

日本 2-0 フィンランド (2月18日) 引いて守られ…

 ホームということもあり、相手が引いて守っていたということもあって前半は0-0。ただ、巻や村井が一対一に圧勝しており、そんなに強い相手でなかったことは確か。試合を通じても、あまり見るべきものはなかったといえるだろう。小笠原のゴールのようなことはJでも起きるが、むしろ「珍プレー集」に出てくる部類。米国戦からの改善を考えても、まだまだである。持論はやっぱり中澤と茂庭の2CB、宮本不要で中盤強化なんだが…
 ところで、米国は、本大会でもかなりいいところにまで行きそうな気がする。前大会で、米国にサッカーで負けたメキシコのサッカーファン(全国民のかなりの比率を占めそうだ)は、プライドをずたずたにされたのではないかと思うが、今回の日本についても、それに少し近いものがあるだろう。そして、この米国がワールドカップで優勝でもしてしまったら、世界がどう変るのか、想像してみると面白い。イスラム世界も含めた世界中から賞賛されるのに、自国民は分かっていないというような状況を… 実現しなかったら、映画にしてみたらどうだろうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 18, 2006

風刺漫画:イスラム教預言者を冒とく 中東各地に波紋

 これは最近の事件の中でも、尾を引きそうなものであると思うが、 デンマークというのは、単に物価が高いだけでなく、福祉が行き届いていて精神的にも先進国中の先進国であり、外国からはユーモアのセンスの素晴らしさが賞賛され、「自由と責任」というようなことについても、深く深く議論がされていると聞いており、このことはおそらく間違いないだろう。その中で、自由について考え違いをした人が、問題を起こしてしまったということなんだろう。
 その国と隣国ノルウェーがからんだ事件で、当該イラストがたとえば人種差別と同様なほど屈辱的なことなのかどうかは、私には分からないが、それは苦痛を感じるものの尺度で考えるべきなんだろう。ただ、だからといって、バカにされたので、それに怒って投石して暴れるような人々を許容することはできないよね。彼らはきっと、神の教えに忠実なイスラム教徒ではないんだろう。仮にそれがイスラム本来の教えに背かないというのであれば、私はタリバンと同様に、一生お友達になれそうもない人が多数いることになるが、それでも仕方がないんだろう。たぶん、穏健なイスラムの人たちが沈静化を呼びかけ、彼らの考えていることもあるはずなのだが、そういう発言がほとんど届いて来ないのは、私自身か取っている新聞が悪いんだろうか?
 実は今回の事件で精神的に一番傷ついているのは、良識あるデンマークの普通の市民たちなのではないかと、10年以上前の僅か数日間のの経験から、考えているのである。旅をしていて気持ちのいい国の一つだったから。「連帯責任扱い」で、大使を召還されるぐらいは「ポーズ」として仕方がないかもしれないが(?)、国旗を焼かれたり、その国の商品の不買運動をされたり、ましてやサッカーの代表の試合まで中止されたりというのは、理解のできないことだと思うよね。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

February 16, 2006

ごぶさたしてます

 人間ドック(さて、今年は???)、アメリカに惨敗(実にいいチームだ!)、東すかミーティング(開幕は待ち遠しいのだが締め切りの足音が…)、「風刺漫画:イスラム教預言者を冒とく 中東各地に波紋」事件(わが愛しのデンマークよ!)、いろいろと書きたいことがあったのだが、さまざまな締め切りや出張などで書けなかった。今週は書くぞ! と思ったら、東すか編集部の某さんから早くも第一稿が。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 04, 2006

2月

 何とか風邪も治り、再始動。
 現在、研究会のレポーターとか、論文とか、なんだか「勉強」しないといけないことが一杯あって、必ずしもイヤではないのだが、時間に追われている。
 少しずつ、日も長くなってきた。早く春が訪れて欲しいものである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 01, 2006

風邪

 また風邪を引いてしまった。月曜の晩ぐらいから喉に痛み。ただ、今回は早め(火曜)に医者に行き、カロナールセフゾンを処方してもらった。これで禁酒三日目だ。たぶん、今回はこのままあと二、三日で抜けて行くと思う。でも、副作用のところを読むと、結構強い薬なのかもしれない。薬ってのは怖いものだと思うが、それよりも風邪を引かない方法を知りたいものだ。
 きょうはこんなところでお休みなさい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2006 | Main | March 2006 »