« 風刺漫画:イスラム教預言者を冒とく 中東各地に波紋 | Main | 多摩川で、ハーフマラソン距離を走ってみた »

February 19, 2006

日本 2-0 フィンランド (2月18日) 引いて守られ…

 ホームということもあり、相手が引いて守っていたということもあって前半は0-0。ただ、巻や村井が一対一に圧勝しており、そんなに強い相手でなかったことは確か。試合を通じても、あまり見るべきものはなかったといえるだろう。小笠原のゴールのようなことはJでも起きるが、むしろ「珍プレー集」に出てくる部類。米国戦からの改善を考えても、まだまだである。持論はやっぱり中澤と茂庭の2CB、宮本不要で中盤強化なんだが…
 ところで、米国は、本大会でもかなりいいところにまで行きそうな気がする。前大会で、米国にサッカーで負けたメキシコのサッカーファン(全国民のかなりの比率を占めそうだ)は、プライドをずたずたにされたのではないかと思うが、今回の日本についても、それに少し近いものがあるだろう。そして、この米国がワールドカップで優勝でもしてしまったら、世界がどう変るのか、想像してみると面白い。イスラム世界も含めた世界中から賞賛されるのに、自国民は分かっていないというような状況を… 実現しなかったら、映画にしてみたらどうだろうか?

|

« 風刺漫画:イスラム教預言者を冒とく 中東各地に波紋 | Main | 多摩川で、ハーフマラソン距離を走ってみた »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/8733711

Listed below are links to weblogs that reference 日本 2-0 フィンランド (2月18日) 引いて守られ…:

« 風刺漫画:イスラム教預言者を冒とく 中東各地に波紋 | Main | 多摩川で、ハーフマラソン距離を走ってみた »