« 「CM音楽にも著作権」 音楽家が住友生命を提訴 | Main | 加地の移籍 »

January 08, 2006

東京一筋9年 来季から鳥栖へ 小林成光の683日(東京中日スポーツ)

  紙面(ウェブはここ)にのみ、小林成光の大腿骨のレントゲン写真があり、明らかに折れて(骨が2本に分かれて)いることが分かる。
 ちょうど私が10年ほど前にすねのど真ん中を骨折したことは昨年書いたが(その1その2)、そのときのレントゲンもこんな感じで、素人が見ても骨が完全に分断され、すぐに直るなどということが絶望的だという事実が画像で突きつけられた。ウェブには骨を固定していた金属の写真があるが、私も一回り小さい30センチ程の金属が1年間入っていた。
 彼のケガは試合中のものではなかったものの、私とは比べられないほど重症で、時間もかかったけれど、それでも現役を続けたい気持ちも分かる。今年は鳥栖ということで、プレーできる機会があることは幸福だといえるだろう。我々にとっては、東京近郊のJ2は横浜FCと湘南だけだった05年に比べると、ヴェルディと柏が加わったので、「幸い」にも、関東圏で彼を見ることができるチャンスもあるかもしれない。02年開幕時の片鱗を見せてもらいたいが、「開幕から全開」というように慌てることはないと思うのである。「残された期間」はあまり長くはないのかもしれないけれど、くれぐれも無理しないで欲しいんだ。

 ところで、高校等のサッカーの審判の方々は、Jとあまり変わらないのだけれど、彼らにもオフを上げたいと思うのは私だけだろうか? ちなみに天皇杯敗退以降の私は、サッカーはテレビでときどき見るだけで、全くの「オフ」状態。東京も早くメンバーが決まって欲しい。

|

« 「CM音楽にも著作権」 音楽家が住友生命を提訴 | Main | 加地の移籍 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/8057772

Listed below are links to weblogs that reference 東京一筋9年 来季から鳥栖へ 小林成光の683日(東京中日スポーツ):

« 「CM音楽にも著作権」 音楽家が住友生命を提訴 | Main | 加地の移籍 »