« 追記:ハラヒロミ「送別」会 (12月17日) | Main | 茂庭のフェアプレー個人賞 »

December 22, 2005

遅ればせながら、もちつき

 日曜日は東すか編集長に餅つき大会に招かれ、実は生まれて初めて米をついた。情けないことに水曜ぐらいまで筋肉痛が残ったが、パソコンに向かってばかりの生活ばかりしていると、今更ながら、蒸した米が餅に変っていく様が楽しいのである。一度、臼を外して枠に当ててしまったら、「戸田」と言われてしまったのだった。彼は枠にも当たらないのだが…

 酒はビワコビッチ氏持参の「琵琶の長寿」。調布「川上」でときどき飲んでいたけれど、久しぶりに旨かった。そろそろあそこにも行こう。

 子供の頃は、煙臭くなるのがすごく嫌だったが、久しぶりに「燻製」になって楽しかったのであった。

 めちゃくちゃ寒い日だったが、全国各地で雪が降っている中、東京はまだ積もってないのだから、あまり文句もいえないだろう。まあ、皆さん、風邪を引かずに今年を乗り切りましょう。

<追記(12月25日)>
 川上で「琵琶の長寿」は「カット」されていた。残念。

<追記(1月22日)>
 いや、65ccの小さなグラスの提供のものだけど、大吟醸は残ってた。

 

|

« 追記:ハラヒロミ「送別」会 (12月17日) | Main | 茂庭のフェアプレー個人賞 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/7780592

Listed below are links to weblogs that reference 遅ればせながら、もちつき:

« 追記:ハラヒロミ「送別」会 (12月17日) | Main | 茂庭のフェアプレー個人賞 »