« 東京 1-1 川崎 ある意味今年の縮図 (11月26日) | Main | 甲府 2-1 柏 子供の頃、「全員集合」を見損なったような気分 »

December 04, 2005

J最終節の断片。いろんな感情

 来週愛媛に行くので(行きは寝台特急、道後温泉に一泊して帰りは飛行機)、長居行きは断念した。
 久しぶりにtotoを勝った。セレッソとガンバが引分けて浦和が優勝という「最悪のシナリオ」のもと、もしそうなったら金だけは稼ごうという目論み。ちなみに、前半終了時は浦和が「暫定首位」であったのは、皆さんご存知であろう。購入トータル金額は3×3×2×2の3,600円。結局は、ガンバの勝ち以外に、大宮とマリノスの引分けと甲府の勝ちを外してしまった。ガンバの優勝以上に甲府の逆転3位に驚いた。ある意味1等でなかったことにほっとしつつも、3等は欲しかったという悔しさも残る。
 さて、東京はまるでドーハのときのイラクのようであった。歴史は繰り返すというか何というか、終了間際に同点というのは、大詰めの試合でよくあることなのである。こんなことを繰り返しつつ、この国のサッカーも少しずつ「歴史」を持っていくのだと思う。何でイラクを思い出したかといえば、ここで優勝争いしていたらと、今期を振り返ってしまったからである(もっとも、イラクには僅かにワールドカップ出場の可能性があった)。その上でも、昨日でも、前半の同点直後にもう一点入っていればなど、勝ちに持ち込めたらと思っていた。とりあえず天皇杯で浦和を食ってもらいたい。
 NHK総合では東京サポーターの声がやたら入ってきて、セレッソより元気だった。行きたかったなあ…
 前節決まったのだが、ヴェルディってのも、落ちてしまえば寂しいもので、それでも西が丘、江戸川、駒沢を使われるのはちょっとしゃくに障り、従来通り土曜はJ1、日曜がJ2の原則がいいなと思うなど、いろんな感情が錯綜中。
 チームによっては、もうオフに入ったところもあるし、ここ1,2日で、ほとんど全ての「構想外」も明らかになるのであろう。
 12月の忘年会シーズンも開幕し、気がついたら平成18年、平成生まれのガキが17歳になるという時が来るのである。来年のJでは(今年はなかったよね?)平成生まれの選手がプレーする可能性もあるのでは?

|

« 東京 1-1 川崎 ある意味今年の縮図 (11月26日) | Main | 甲府 2-1 柏 子供の頃、「全員集合」を見損なったような気分 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/7456327

Listed below are links to weblogs that reference J最終節の断片。いろんな感情:

« 東京 1-1 川崎 ある意味今年の縮図 (11月26日) | Main | 甲府 2-1 柏 子供の頃、「全員集合」を見損なったような気分 »