« 新潟 0-1 東京 想い出への旅とともに (11月23日) | Main | J最終節の断片。いろんな感情 »

November 27, 2005

東京 1-1 川崎 ある意味今年の縮図 (11月26日)

 どうも千葉戦が一つのピークだったような気がする。今野は代表でのライバル、阿部に対して燃えまくり、他の選手も同じ相手に4回も負けられないとして戦ったからだ。そして、馬場・加地が負傷し、藤山も疲れが取れていないような状況で、次の新潟戦では金沢が復帰したが、茂庭も本調子ではない中、何とか1-0で勝った。土肥が絶好調を維持しているので、失点は少ないのであろう。
 さて、ルーカス・馬場を欠き、金沢をサブにおいて加地と藤山をサイドバックに置いた川崎戦。前半は、ササとのコンビネーションを、「手探り」で確かめるために時間を使っただけだったのだろう。そして、何となく守備のマークが中途半端になったところ、相手右サイドから中村のコースを狙ったミドルシュートが見事に決まった。結局前半の東京は、ササが孤立。箕輪・伊藤に前目の寺田を加えた3人に囲まれ、ボールをキープできなかった。
 後半、まずは阿部をササの近く、2トップ気味に前に出して栗澤を真ん中から右に出したが効果なし。栗澤は簡単にボールをさばけず、戸田に交代。梶山は懸命にササを使おうとし、更に攻勢を強めるがシュートにつながらない。ノリオはDF3人を引きずって突破するが、これも最後のところまで行けない。そんな状況の中、味方陣内でボールを奪われるなど、疲れの見える梶山に代えてついに宮沢を投入、更にはクロスが今ひとつでミスもあり、イエロー4枚目で次は出場停止の加地に代えて金沢も。これで更に攻勢。セットプレーも宮沢のキックが正確で、得点の匂いが漂ってくる。
 そして、宮沢のコーナーキックからのこぼれ玉、金沢の長いボールをジャーンがヘッドで受け、最後はササがヘディングで決めて同点に追いつく。その後川崎はほぼ「専守防衛」となり、ときおりジュニーニョを使ったカウンター。ジャーンや藤山はギリギリのところで一発勝負のスライディングタックルやファウルで防ぐ(危なかった)が、茂庭は一人だけ、一対一を「楽しみ」、「エメルソンがいない状況では、日本のFWは物足りない」ぐらいの風格さえ漂わせていた。結局、東京も勝ち越し点は取れなかったが、前半のひどさからすると、勝てなかったことは「いい薬」だったかもしれない。
 さて、加地とササが出場停止だが、馬場とルーカスが復帰するかもしれないので、ヘタをすれば浦和にアシストをしてしまいそうな最終節と、天皇杯を残すだけになってしまったが、来年は新しい監督の元での戦いが見たいと思うのである。昨年のナビスコは言うまでもなく、今年の梶山・馬場の成長、その他原監督の功績は多々あったので、シーズン中の解任ではなく、契約期間満了とともに一つ上を目指して交代ということである。いっぽう、昨日の戦いも含め、選手個々の力の足し算なら上であるのにもかかわらず、勝てない試合がいくつもあったことも否定はできないだろう。逆に、これまでなら「何とかできていた」選手や、若手が入ったときに機能不全を起こすケースもあった。選手の力を集めても1+1が2にしかなっていないという点では、チーム作りという点に問題があり、サンドロと小峯で凌いでいた時代と比べるのもどうかとは思うが、個々の選手の責任ではないと思うのである。また、特に攻撃の際にパスの選択肢が少なく、たとえばノリオ(石川も?)だったら、人をかけてドリブルと左足(石川は右足)だけ注意すればいいというような守り方で、対処されるようになってきた。
 誰がいいのかは分からないが、攻撃の選択肢を広げ、チームとしてもう一つ大きくなるためにも、たとえば外国人の監督を呼ぶとか、優勝争いをするチームを目指すとともに、そのために少し冒険するのも「あり」なのだと思うのである。サテライトの試合や小平を見ないで言うのもダメかもしれないが、出ていない選手の中でも、やりようによってはやれる人材が、まだまだ埋もれているような気もするのである。若手はレンタル等で経験を積ませることも必要だろうけれど…

|

« 新潟 0-1 東京 想い出への旅とともに (11月23日) | Main | J最終節の断片。いろんな感情 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/7339593

Listed below are links to weblogs that reference 東京 1-1 川崎 ある意味今年の縮図 (11月26日):

« 新潟 0-1 東京 想い出への旅とともに (11月23日) | Main | J最終節の断片。いろんな感情 »