« YOL(ヨミウリオンライン)見出しコピー事件(株式会社読売新聞東京本社vs有限会社デジタルアライアンス) | Main | FCホリコシ・アマラオ選手が提唱 国際ミニサッカー大会 »

October 13, 2005

「旧ソ連」での戦い

 ラトビアと2-2で引分、ウクライナに1-0で負けというのは、良くはないけれど最悪ではない。
 ラトビア戦では、せっかく土肥と茂庭が奮闘したのに、中田浩の信じられないミスで同点に追いつかれたが、親善試合、6人も交代可能なので、ついつい選手交代をしてしまい、それが裏目に出がちなのであろう。だからといって、あそこはアレックスではなかっただろう。あそこで村井を見たかった。
 ウクライナ戦については、結局のところ、近隣国のラトビア人レフリーが、ウクライナの治安に身の危険を覚えたので、あのようなレフェリングをしたのだと思う。まあ、逆に東の果ての国の国民にどんなに恨まれても、身の危険はないだろうから… Jの今は亡き(と信じる)ヘボ審判のように、人が倒れれば何でも笛を吹くタイプだったので、もう少し合わせる必要もあったかもしれないが、たぶん無理だったろう。ベンチの選手や通訳を「犠牲」にするもよし、特に警告だと思った中田浩の退場直後は、親善試合で2人退場させることもなかろうし、選手も黄色覚悟で激しく抗議するとかできなかったのだろうか? そこらは欧州勢が駆け引きすべきだったと思うが、それも叶わず、完全に舐められたともいえるだろう。そして、主審としては、1人減らしただけではウクライナに得点が入らなかったので、自分の安全を確保するために、今度はセットプレー、できればPKを与えられればと、「狙って」たんだろうね。間違いなく箕輪のファウルではないだろう。もっとも、日本が歴然とした力の差を見せつけることができれば、そんなジャッジも不要だったのだろうけれど、力の差はほとんどなかったと思う。点を入れられる気はしなかったけれど、ウクライナはそれなりのチームだったし、いい経験にはなったことだろう。
 まあ、中田浩のお陰で今野にもチャンスができたと思うし、広島の服部なんかも4バックの左で試してもらいたいものだ。ケガがよくなれば、金沢にもチャンスがあると思う。とはいえ、アレックスは要らないと思うけれど、たぶん切らないんだろうな… 右は加地と駒野でいいだろう。前線は、あの審判ならアマラオのように倒れてファウルをもらえるタイプがいれば、いい試合になったんだろうけれど、その役割は鈴木だったのかね。

|

« YOL(ヨミウリオンライン)見出しコピー事件(株式会社読売新聞東京本社vs有限会社デジタルアライアンス) | Main | FCホリコシ・アマラオ選手が提唱 国際ミニサッカー大会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/6384149

Listed below are links to weblogs that reference 「旧ソ連」での戦い:

« YOL(ヨミウリオンライン)見出しコピー事件(株式会社読売新聞東京本社vs有限会社デジタルアライアンス) | Main | FCホリコシ・アマラオ選手が提唱 国際ミニサッカー大会 »