« 横浜FC 1-1 札幌 「野望の地」にて (10月5日) | Main | ジャストシステムvs松下高裁判決 »

October 10, 2005

横浜FC 1-0 ホリコシ キング? (10月9日)

 横浜駅からバスに乗ったが渋滞で、キックオフに少し遅れる。駅から30分見ておかないとキツいのかもしれない。結構不便だ。三ツ沢競技場には知った顔ぶれも含めて東京のサポーターがかなり多い。一目でそうと分かる格好をするのもどうかと思うが、まあこの日の観衆の30%近くはそんな人のようだったようで、興行収入的にもそのことに文句を言ってもつまらないだろう。
 小雨の中、ホリコシには高いモチベーションがあるが、最後のところが雑。FWのエリオはスピードがあるが、シュートがよく分からん。平間・矢部といったJ1経験者にもう少し奮起が必要だと思う。能力はあるのだから、もう少し体力が欲しいような… CB二人も「ファウルが通常」のようなところがあり、ちょっと危なっかしい。いっぽう右サイドの藏川は頑張りの効く、いい選手だ。そして、ボランチの高木が元横浜FCだが、取られるとピンチになるポジションから展開するには、ちょっと役不足だったと思う。
 いっぽうの横浜FCは、城が欠場でそこに「電柱」富永が入った以外はベストメンバー。メンバーの経歴から考えると、必ずしもホリコシより「格上」とは言い切れないと思うのだが、今ひとつモチベーションが低いようだった。それでも、ちょっとしたチャンスから、富永がキープして戻したボールを内田が決めて先制。守備はトゥイードが空中戦ではアマラオを完封していた。ただ、山口には「?」マーク。
 後半になるとホリコシが攻勢となり、横浜FCのゴールを脅かし始める。特にトゥイードがペナルティエリアで追い越された選手(斉藤)を後ろから倒したプレーは、後でテレビでも見たけれど、間違いなくPKだったと思う。そうなればもっと面白くなっていたのだろう。その後、横浜FCはときおり鋭いカウンターを見せるが、試合を決める追加点が奪えなかった。ホリコシにも、終了少し前のアマラオの強烈なミドルや、交代出場、元名古屋の片桐のアクセントをつけるプレーなど、それなりの見所はあった。最後は、やはり横浜FCは「格上」ではないのか、かなり露骨に時間稼ぎをしながら、1-0のまま試合を終了させた。
 終了後、カズがサポーターに挨拶、その後、アマラオがスタジアムを半周して挨拶。これを見に来たのかなぁ、私たちは…

|

« 横浜FC 1-1 札幌 「野望の地」にて (10月5日) | Main | ジャストシステムvs松下高裁判決 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/6336040

Listed below are links to weblogs that reference 横浜FC 1-0 ホリコシ キング? (10月9日):

« 横浜FC 1-1 札幌 「野望の地」にて (10月5日) | Main | ジャストシステムvs松下高裁判決 »