« FCホリコシ・アマラオ選手が提唱 国際ミニサッカー大会 | Main | 東京 2-1 ヴェルディ いい終わり方をした (10月22日) »

October 16, 2005

東京 2-2 広島 勝ったような気分 (10月15日)

 右に移った藤山からのアバウトなクロス、ササを経由、後ろ向きでトラップした阿部が振り向きざまのシュート! 美しすぎるゴールで同点に追いついたときには、狂喜乱舞したが、その後にコーナーキックのクリアが味方に当たってこぼれて追加点を取られたときには、しゅんとなった。でも、その直後のキックオフでボールを下げずに馬場・ササ・ノリオで「特攻」し、馬場がサイドに出し、ノリオが中へ入れたボールを馬場がダイレクトで流し込んで再び追いついたときには、もう満足だった。実はその後攻勢に行くたびに、広島の1点目のカウンターの恐怖に怯え、「もういい、もういい、今日は引分けで。」と言っていたのが私。引分けで勝ったような気分になっているあたりがダメなんだろうけれど、「二度死んだ」ので、仕方がないということで…
 メンバー構成からすると、代表のように3ボランチというか中盤ダイアモンド型のツートップなのか、それとも普段の1トップなのかがよく分からなかった。実際、左サイド、藤山の前にスペースがあり、そこを駒野等に使われるときがあった。そこに阿部が戻るべきなのか、宮沢が出るのか、藤山が上がってCBが開くのか、よく分からなかった。ときに馬場やルーカスがカバーすることもあった。(東京オフィシャルの広島の小野監督によれば、宮沢が絞り過ぎていたということなのかもしれない。)そんな中、中盤が停滞するいっぽうで、藤山が積極的に攻撃参加し、ドリブル突破、ルーカスとワンツー、ミドルシュートなどを見せてくれた。ルーカスのシュートがバーを叩いたのは、まさに「たられば」であった。今野を右に入れたのは、相手の左サイドの服部を警戒したかと思っていたが、広島は4バックだったためか、服部の攻撃参加は意外と少なかった。
 後半は「広島伝統のカウンター?」から失点し、栗澤→ノリオ、宮沢→金沢(今野を宮沢の位置に上げ、藤山を左から右にして、金沢を左。これは予想通り)としたが、なかなか追いつけず、ササは藤山との交代(3バック)かと思いきや、ルーカスと。ルーカスもしばらくゴールがなく、やや疲れていたのだろうか? 交代枠を使い切って同点としたものの、再び勝ち越されたときにはどうしようもないと思ったが、よく追いついたものである。
 大分以外の下位は引分けまたは負けだったので、今後上位との対戦が多いとはいえ、残留に向けてという点では半歩以上前進した。次はホームスタジアムでアウェイの場所となる試合だが、勝ち点3に焦る相手をじらし、引分け狙いと思いきや、意外な一発ということでしっかり勝ってしまいたいものである。出場停止明け、走力の戸田か、シュート力の阿部か、その併用か、サブのGKは入るのか、加地の復帰はあるのか、ボランチに今野が戻るのか、とすれば誰と組むのかなど、メンバー構成にも興味が尽きないのである。
 試合後、一旦調布から乗り換えて、京王多摩川まで出た。競輪開催日だったらしく、近隣の「おけら飲み屋」が盛り上がっていた。なかなかいい感じの店が何件かある。そこらを通り過ぎて多摩川に出たら雨が降り始めた。相変わらずのいい風景があり、その後、かつて住んでいたあたりを散策。冬に富士山の見えるスポットも健在のようだが、調布も少しずつ変わってきていることを実感。その後、川上で飲むが、ちょっとペースが速すぎたかも。

|

« FCホリコシ・アマラオ選手が提唱 国際ミニサッカー大会 | Main | 東京 2-1 ヴェルディ いい終わり方をした (10月22日) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/6420797

Listed below are links to weblogs that reference 東京 2-2 広島 勝ったような気分 (10月15日):

« FCホリコシ・アマラオ選手が提唱 国際ミニサッカー大会 | Main | 東京 2-1 ヴェルディ いい終わり方をした (10月22日) »