« August 2005 | Main | October 2005 »

September 25, 2005

東京 0-0 大分 「半歩前進」のホームの凡戦

 ファウルじゃないのにPK取ったと思ったらFKで、ササの強烈なFKは相手GKの西川がピンポイントのヤマを張っていたようなパンチで逃れ、阿部のゴールが決まったと思ったらオフサイドで、まあ、結局は「予定調和」的な0-0での引分。
 試合前の強風はものすごく、中止になっても仕方がないと思っていた。実は2002年の3月、水戸なんだが、現地まで行ったら試合が中止だったという経験がある(ここ)。今日は砂埃がなかったので決行したのだろうが、こういうときの意思決定というのは主審がするのだろうか? 正直なところ、中止にするという意思決定は実に大変なことだと思う。決行されたのだが…
 この強風の中だから、お互いリスクを犯さない試合となるだろうと思っていたが、まあ、思っていたとおりのぐだぐたの試合となった。東京にとっては自分より下位の大分相手だから、勝ち点1でも悪くないのだろう。でも、試合内容はそれを計算したものではなく、ルーカスの代わりにササ、金沢の代わりに藤山、石川の代わりにノリオが出ているときの「チーム」は、来年の秋ごろまではできそうもない。
 「梶山を育てる」というのは分かるが、だったら馬場ももっと早く出してもいいと思うし、0-0のまま梶山を宮沢ではなく文丈に代えたというのは、「負けは許されないが引分で上等だ」という考えで、それはそれで現状のチーム状態を考えると、一理あるのかもしれないけれど、ホームで2万人以上入った人たちに説明がつくのだろうか? よく分からん。シュート7本なんて論外だ。
 今年は残留決めればいいと思うが、この一年で得られたものは何だったのだろう。昨年で追いつきつつあったと思う上位チーム(たとえば浦和。磐田でもいい)との比較では、単なる「周回遅れ」だったということがはっきりしたようだ。
 次の大宮は「内容が悪くない中連敗」して、残留争いに「参入」してきたようだが、内容が悪くともここ3試合負けていないチームとの試合は、ある意味見ものだと思う。
 まあ、残留に向けて半歩前進したし、これで観客が減らなければ営業的にも問題ないのかもしれない。個人的には「面白くねーよ」とは思うけれどね。見たいのは、たとえ誰が出ても、選手に迷いのない試合だ。技量的にできることとできないプレーがあるとは思うけれど、ある程度できる選手ができない状態になっている試合展開は見たくないものである。それが残留のプレッシャーとの関係ではなさそうなところが、かえって見ていて非常に辛いのである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 22, 2005

東すか

 25日の日曜日、東すかを配布。特集は、「サポーターとか、ファンとか、色々あるよね」。乞うご期待。ヒマな人は配布も手伝ってね(ってここで書いても無理だな)。
 murata氏によると、「東すか配布日のFC東京戦績は、現在6勝3分2敗」「悪くない」とのことだが、全部ホームゲームだし、毎年開幕戦に配っているということもちょっと割り引かないとね…
 まあ、引分でも仕方がないと思うよ、大分戦は。それと、「優勝への道」はありません。悪しからず。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヤクザとテロの手助けはしない

 いきなりヘンなタイトルだが、今や、麻薬・覚せい剤と並んで彼らの資金源となっているのが、偽ブランドと海賊版なのだそうである。ニセブランドを買うことは、たとえニセモノだと分かっていようとも、ヤクザやテロを援助することになるのである。昨今の一部過剰な著作権主張は嫌だけれど、海賊版についても、こういうものを売る人にはヤクザやテロリストでない人もいるが、犯罪であることは変わりがない。政府広報ではここまでなかなか言えないだろうけれど。
 庶民にはなかなか「社会貢献」なんてできないけれど、こいつらを助けないことぐらいは簡単にできるのである。最近ではこんな事例もあるそうなので、注意したいものである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 19, 2005

横浜FM 0-0 東京 「同じサッカー仲間」 (9月17日)

 三ツ沢競技場から三ツ沢上町まで歩いて15分ほど。距離はそれほど遠くないが坂が多い。そこから新横浜までは地下鉄であっという間で、キックオフの2時間前には競技場についてしまった。
 メンバーを確認すると、馬場の名前がサブにもなく、「横須賀市民デー」ということで、横須賀出身の石川をサブに入れた代償ということなのだろう。文丈・阿部・ササ・ノリオを外す訳にもいかなかったのだろうが、難しいところだ。ノリオを左サイドバックに入れて藤山をサブ・文丈を外して馬場を入れたらどうかとも考えたが、さすがにリスキーすぎるだろうし。
 試合前の主審の紹介では、「アナザワ」という瞬間に拍手。珍しいことである。
 さて、試合はどちらかというと東京ペースで進んだが、戸田とノリオを警戒して(?)横浜のサイドが守備重視であり、アウェイのような戦いをしてきた相手を崩しきれないというところだろうか? シュート数も少なく、後半の半ばへ。ここから東京の攻勢となり、戸田の惜しいループシュート等もあったが、交代出場の石川が負傷して最後は10人の戦いとなった。そして、0-0のままロスタイムだが、ちょっとした揉め事もあったので5分あった。どうなることかと思っていたら、突然、主審がゲームを止めた。マリノス側で選手が倒れている。ルーカスのようだ。頭を打ったらしい。ということで、試合は15分以上も中断し、救急車がピッチの中へ。実は遠くてよく見えないこともあって、ことの重大性が理解できていなかったし、不謹慎ながら、救急車がピッチに入ってきたのを現場で見たのは、スペインのこの試合に続き2回目なので、個人的にはそれほど驚きもしなかったのだが、頭を打った人を動かしてはいけないというのが鉄則だという状況のようだった。サッカーというスポーツを考えた場合、普通は頭蓋骨骨折ということはないとは思うのだが、そういうこともありえたシビアな状況で、私自身の理解・緊張感が浅すぎたのかもしれない。
 一応試合は再開されたが、ロスタイムを途中で打ち切り、すぐに終了。どちらに(11対9という状況からするとマリノスの可能性が高い)得点が入っても後味はよくないだろうから、妥当だろう。これが前半だったら、最終節で降格がかかっていたら、その他、いろんな「たら」「れば」もあるが、一般論ではなく、この試合、この状況限りということも考えればということで、ロスタイム打ち切りに関してのここの岡田監督の「同じサッカー仲間」というコメントもスポーツマンらしいものだったと思う。このコメントにも救われたかも。
 スポーツにケガはつきものであるとしても、生命に危険があるようなことは、防がなくてはいけない。それはスポーツ以前の問題だろうし、どんな競技であれ、主審には危険防止の義務と必要な命令のできるぐらいの権限はあるはずである。ここまでは当たり前。ただ、ロスタイムを途中で打ち切ることについては、あくまでケースバイケースだとは思うが、そのぐらいの臨機応変さと裁量もあっていいのだろう。ただ、吉田主審の資格停止の件もあり、主審としての決断には難しいところもあったのではないだろうか? 敬意を表して置こうと思うが、そんなこともないのかな?
 翌日の結果も合わせると、清水に先を越され、柏・大分も迫ってきている。ルーカスもしばらくは休むべきだろうし、その中で次は好調大分戦ということもあるが、ここはササと馬場に期待をしたいところ。ルーカスについては、ゆっくり直して復帰を待つだけである。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 18, 2005

横浜FC 2-3 徳島 浮氣、小峯、山尾(9月17日)

 キックオフに少し遅れたが、三ツ沢へ急いで、何とか0-0のうちに到着。
 横浜FCは浮氣、山尾、徳島は小峯と、元東京ガスとFC東京の歴代CBがスタメン。そして、横浜FCは山口、カズ、城も出場ということで、東京ファンにとってもなかなか「豪華メンバー」なのであった。おっと、川崎フロンターレで活躍した伊藤彰も忘れてはいけない。小峯は3バックの左に位置した。
 前半、ペナルティエリアで相手FWと入れ替わられた浮氣が、後ろから足を出して引っ掛けてPKで徳島が先制。横浜FCもその約15分後、城が右サイドでボールをキープし、クロスかと思いきやシュ-トを放ち、見事に同点。前半はそのまま1-1。
 後半開始直後。今度は山尾がPKに繋がる反則。トゥイードが出場停止のためか、久しぶりに出てきた山尾だが、加入したばかりの浮氣とのコンビネーションがよくなかったようだ。これまで同じチームでプレーしたこともないはずだし。このPKは小林がバーにあてて得点には至らない。逆に横浜FCは左サイドから崩してクロス。逆サイドのカズが押し込んで逆転。カズダンスでスタジアムは最高潮。
 しかし、横浜FCも、これを勝ちに結びつけることができなかった。粘る徳島は、まず、右サイドの大場が決め、最後はペナルティエリアぎりぎりのあたりから、羽地がクリーンシュートで逆転。そのまま逃げ切る。城とカズが決めたのに敗戦ということで、横浜FCのサポーターはブーイング。横浜FCは、交代選手が機能しなかった上、両サイドバックと山口が精彩を欠いたと思う。いっぽう、徳島はGK古田や小峯の奮闘も目につくゲームだった。伊藤彰もいい。ただ、今回も秋葉の必要性だけは見ていて分からなかった。試合後最初に出たのはコミネコールだったが、これは最初にゴール裏に到達したからなのだろう。
 さて、なかなか面白い試合だったが、14:00キックオフは暑くて選手に酷だった。我々のように日産スタジアム19:00キックオフと「はしご」する人々も意識しての時間設定かもしれないが、15:00、15:30、又は16:00でもよかったのではないだろうか? 観客が6千人以上ということで、カズ効果は大いに出ており、ひょっとすると初(?)の黒字も夢ではないのかもしれない。ということで、横浜FCの経営陣をほめてもいいのかもしれない。今後江戸川、西が丘のホームで、どちらか一つは行けると思うが、カズは在籍しているのだろうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 12, 2005

選挙

 今回、古館が自民を勝たせたというと言い過ぎかもしれないが、批判のための批判だけのようなマスゴミへの反発で、自民党に投票した人が少なくなかったと思うよ。二大政党制への道はまだまだ遠いかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 11, 2005

東京 1-0 清水 これをスタートに、できないかなぁ (9月10日)

 試合前に「東すか」の打合せ(25日配布)。大分が浦和に勝ったことを知る。その場で、浦和のサポーターの友人から「痛っ」というメールが来たので、「こら! うちらを落とす気か!」と応える。大分はアウェイなんだし、「せめて引き分けとけよな!」という感じだ。そういえば最近toto買ってないぁ…
 さて、試合は藤山を左サイドバック、戸田がその前、ノリオが右の前でトップ下は栗澤、ワントップがルーカスというスタメン。多少入れ替わりはあるも、「従来型」又は「保守型」。これでいい。
 前半は両チームともチャンスを作るが得点には至らず。バックスタンド前では佐藤由紀彦と藤山が「対決」。藤山はファウルが多かったが、破綻することなく押える。0-0で終わったが、後半どちらが流れをつかむか、それとも0-0か、予断を許さないという感じであった。
 後半、ササを投入してから東京ペースに。そして、左サイドのコーナーより少し内側から栗澤がフリーキック。「大外」の今野がヘッドで折り返して、戸田のゴール。後でテレビで見たが、今野が「葉隠れの術」を使ったのか、全くフリーになっていたのが大きかったかもしれない。その後阿部の投入もあり、しばらく攻め続けるも追加点が奪えない。戸田がスルーパスを出してササが「そこじゃない」と応えるシーンには思わず笑ってしまった。これでジーコは戸田を呼ぶ気になったかもしれない(嘘)。だが、終盤には何度か左サイドを破られ、守備が引き気味になってくる。好調の馬場を投入して何とか逃げ切る。
 内容的にはほめられたものではないが、結果が出たことによって掴めたものもあるかもしれない。ともかく、1試合1試合を大事に戦うしかないのである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 10, 2005

いろいろ

 私のウェブサイト内のリンク。
その1.
 本日アップ。残留への道。フランス2部チームの試合のメモ
その2.
 ホンジュラス
 その1. その2
 (旅の地名事典

| | Comments (0) | TrackBack (0)

清水戦前に

 試合前だから行っておこう。
 明日(もう今日だ)は大事な試合だ。でも、現時点で、私も含めて忘れそうになっていたことがある。
 もう一度99年、2000年あたりに帰り、当時、5年後、10年後にどんなチームになりたいかと考えていた「夢」を思い出して欲しいのである。確かに現在調子はよくないが、だからといって、そういう「夢」を忘れてはいけない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 04, 2005

柏 4-2 東京 「準備」の差 (9月3日)

 結局は準備の差だ。残留に備えて戦術を徹底している柏と、これから2トップの形を作ろうとしている東京の。現状では2トップは中盤を薄くするだけである。ササの見事なフリーキックで先制するも、左サイドからの(釈然としない)スローインから失点し、その後も左サイドからレイナウドに出たボールに茂庭が詰めきれずに決められる。
 後半開始直後もカウンターを食らって失点し、更に攻勢に出るもカウンターから失点。阿部が決めるも結局4-2で終了。馬場の投入が遅かったと思う。
 柏だけではなく、全てのチームが東京のサイドからの攻撃をケアしている。そこで必要なのはおそらくサイドチェンジなのだが、宮沢がいないとこれがない。いっぽう梶山は上手いのだがシュートには直結しないプレーが多く、しかも周囲とコミュニケーションができていないようだ。結局のところ、数年前よりはるかに選手一人当たりの能力が高いのにこんなに勝てないのは、お互いの意図が分かっていないからであり、コミュニケーションの問題なのだと確信した。これは監督の指示ではなく選手間で解決してもらいたいものだ。そもそも阿部とササがどうやってコミュニケーションできるのかということを考えると、サブが、点は取ったとはいえ宮沢ではなく阿部だったのかということについては疑問も残る。ルーカスも不調でボールを失うことも多く、悩んでいるような感じもする。石川もトンネルに入ったままで、休ませたほうがよさそうだ。
 ただ、これで悪いところは全て出たし、選手も目が覚めただろう。全てを解決・改善することはできないが、とりあえず、残留に向けて何ができるのかだけを考えればいい。次も大事な清水戦だが、できればワントップに戻して中盤を厚くし、メンバーも少し入れ替えたほうがいいのではないかと思う。宮沢や左サイドバック候補のメンバーなどがモチベーションを落としていないか、ちょっと心配でもある。
 まあ、最後までスリリングな戦いが続くんじゃないかな? 今年1年はもとより、昨年のリーグ戦後期ぐらいからこんな感じであるのだが、反省は後でしようではないか!

| | Comments (2) | TrackBack (1)

« August 2005 | Main | October 2005 »