« 横浜FC 1-1 京都 面白かったが後で書く(8月31日) | Main | 清水戦前に »

September 04, 2005

柏 4-2 東京 「準備」の差 (9月3日)

 結局は準備の差だ。残留に備えて戦術を徹底している柏と、これから2トップの形を作ろうとしている東京の。現状では2トップは中盤を薄くするだけである。ササの見事なフリーキックで先制するも、左サイドからの(釈然としない)スローインから失点し、その後も左サイドからレイナウドに出たボールに茂庭が詰めきれずに決められる。
 後半開始直後もカウンターを食らって失点し、更に攻勢に出るもカウンターから失点。阿部が決めるも結局4-2で終了。馬場の投入が遅かったと思う。
 柏だけではなく、全てのチームが東京のサイドからの攻撃をケアしている。そこで必要なのはおそらくサイドチェンジなのだが、宮沢がいないとこれがない。いっぽう梶山は上手いのだがシュートには直結しないプレーが多く、しかも周囲とコミュニケーションができていないようだ。結局のところ、数年前よりはるかに選手一人当たりの能力が高いのにこんなに勝てないのは、お互いの意図が分かっていないからであり、コミュニケーションの問題なのだと確信した。これは監督の指示ではなく選手間で解決してもらいたいものだ。そもそも阿部とササがどうやってコミュニケーションできるのかということを考えると、サブが、点は取ったとはいえ宮沢ではなく阿部だったのかということについては疑問も残る。ルーカスも不調でボールを失うことも多く、悩んでいるような感じもする。石川もトンネルに入ったままで、休ませたほうがよさそうだ。
 ただ、これで悪いところは全て出たし、選手も目が覚めただろう。全てを解決・改善することはできないが、とりあえず、残留に向けて何ができるのかだけを考えればいい。次も大事な清水戦だが、できればワントップに戻して中盤を厚くし、メンバーも少し入れ替えたほうがいいのではないかと思う。宮沢や左サイドバック候補のメンバーなどがモチベーションを落としていないか、ちょっと心配でもある。
 まあ、最後までスリリングな戦いが続くんじゃないかな? 今年1年はもとより、昨年のリーグ戦後期ぐらいからこんな感じであるのだが、反省は後でしようではないか!

|

« 横浜FC 1-1 京都 面白かったが後で書く(8月31日) | Main | 清水戦前に »

Comments

 コメントとトラックバックありがとうございます。守備で「前に出て行ったところをかわされ、数的不利を作り」というのが、まさに「その通り」なのですが悲しいところですね。
 選手同士のコミュニケーションで何とかなるでしょうし、それができた選手は代表でもやれるだろうと思っています。

Posted by: Mendoza | September 04, 2005 at 06:57 PM

fct-fanと申します。
選手どうしが連動しないことが本当に多いですよね。私も選手達が目が覚めていることを願います。。。

Posted by: fct-fan | September 04, 2005 at 01:58 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/5773365

Listed below are links to weblogs that reference 柏 4-2 東京 「準備」の差 (9月3日):

» Am I upset or what? 柏vsFC東京 9月3日(土) [fct fan]
前半の2失点は、いずれも不慣れな規郎のサイドを狙われたもの。 1失点目は今野がケ [Read More]

Tracked on September 04, 2005 at 02:05 PM

« 横浜FC 1-1 京都 面白かったが後で書く(8月31日) | Main | 清水戦前に »