« 日本 2-1 イラン 加地ゴール! | Main | 東京 1-1 名古屋 九死に一生 (8月24日) »

August 21, 2005

浦和 2-1 東京 クソゲームだった (8月20日)

 ササ先制の5分、強いて言えば終了間際の5分以外は、何もなかった。
 浦和のボール回しについていくのが精一杯で、ダイレクトパスに翻弄され(日ごろ練習してないから、相手にやられると対応できないのか?)、ボールを奪っても梶山でノッキング。
 浦和は、なんのかんの言っても永井のチームなんだなあと思っていた前半、攻勢を堪え忍んだかと思ったら永井に決められ、後半も攻勢を堪え忍び、この日最悪だった梶山の交代準備もできたと思っていたら、梶山が競り負けてボールを奪われ、ミドルシュートを決められた。
 決定力不足を克服する目的で、フォワードのササを加えることによって変わったのは、まずは中盤が一人少なくなって、決定機の数が減るということであった。サイド攻撃をしようにも、そこにパスが出る前に奪われるということだ。2トップだと、ササをフォローしつつ中盤の組み立てもするというようなルーカスの役割も難しそうだ。
 正直なところ、ポジショニングが悪く、終了間際にペナルティエリアでノリオが引っかかったときに、逆方向を向いていた(ファウルではなかったかもしれないけれど)上川主審にはムカついたが、それ以前の問題であった。
 という内容から考えると、やっぱり残留に向けての戦いを意識する必要がありそうだが、どうすればいいんだろうか? かなり重症のような気がする。とりあえず、梶山のところに宮沢を入れてサイドチェンジしまくるか、栗澤を入れて彼の柔軟性に「お任せ」するぐらいしか思い浮かばない。馬場は奮闘していたが、戸田の復帰も待つべきなのだろうか?
 いずれにしろ過去と違うことは、各世代で代表を輩出し、選手の実力の単純な足し算なら上位にいてもおかしくないチームのはずなのに、現実には、チームとしての力が発揮されていないということなのである。ここ数年の積み重ねがあったのか、なかったのかにも疑問を差し挟む人もいるが、仮に積み重ねがあったとしても、貯金していた通貨がペソか何かであったようで、この半年の「通貨危機」で貯金が紙くずになったかのようである。「結果が出ていないがいいサッカーをしている。」という言葉には、どこか無理があったのだと思うのである。
 とりあえず、今日は下位チームのもたつきに期待することにする。

|

« 日本 2-1 イラン 加地ゴール! | Main | 東京 1-1 名古屋 九死に一生 (8月24日) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/5564841

Listed below are links to weblogs that reference 浦和 2-1 東京 クソゲームだった (8月20日):

« 日本 2-1 イラン 加地ゴール! | Main | 東京 1-1 名古屋 九死に一生 (8月24日) »