« 浦和 2-1 東京 クソゲームだった (8月20日) | Main | 磐田 1-1 東京 ここで勝たずにいつ勝つのか(8月27日) »

August 25, 2005

東京 1-1 名古屋 九死に一生 (8月24日)

 左サイドからクロス。何だ? 入ったぞ! ナラサキ、はじいた! ということで、負け試合を引き分けに持ち込み、残留に向けて貴重な勝ち点1をあげた。あれで2点目が入って勝ったりしたら、絶対にバチが当たるから、引き分けでよかったと思う。
 スタメンを見たら「残留に向けて前に戻した」という感じで、ササがベンチ。馬場も疲労を考慮してのベンチか? 栗澤が入り、右が石川、左がノリオという布陣。梶山は、これでダメならしばらく出番はないぞという「最後通告」的スタメンではないかと思った。
 キックオフ直後は名古屋が攻めて来たが、徐々にペースを盛り返す。というよりも東京のぐだぐだに名古屋が合わせてくれたという感じだった。前半中ごろからは東京に決定機もあったが結局そのまま0-0。後半も東京が攻めるもなかなか点は入らず。ササを投入するも、このまま0-0かと思ったとき、ショートコーナーから石川の軽率なプレーでボールを失い、カウンターから失点。金沢も負傷して馬場を投入し、栗澤を左サイドバックに。
 そしてそして、左サイドからの今野のクロスを、なぜか楢崎がゴールの中にファンブルしてしまったということ。それまでに好プレーも多かったが、神様・仏様・楢崎様であった。「捨てる神あれば拾う神あり」ってことかも。あっ、「こぼす神」だな?
 さて、残留については、たぶん全試合引き分け(試合数と同じ勝ち点)だとギリギリの線だと思うが、要するに3試合を3分または1勝2敗、たまに1勝1敗1分で乗り切れば可能な水準のはずだ。ということで再開後1分け1敗だから、次の磐田に勝てるといいのだが… 下位で勝ったのはヴェルディだけで、清水も勝ち点で並んでくれたのは好材料だが、神戸とヴェルディが調子を上げて来ているようなのが気になる。
 金沢が負傷したようだが、藤山の出番だろうか? それとも、ノリオ? 今野? まさか尾亦? それと、宮沢をせめてベンチにと思う今日この頃。
 よく考えても、そうでなくても、味スタのホームゲームがあと1か月ないのが、何だか寂しい。
 

|

« 浦和 2-1 東京 クソゲームだった (8月20日) | Main | 磐田 1-1 東京 ここで勝たずにいつ勝つのか(8月27日) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/5634513

Listed below are links to weblogs that reference 東京 1-1 名古屋 九死に一生 (8月24日):

« 浦和 2-1 東京 クソゲームだった (8月20日) | Main | 磐田 1-1 東京 ここで勝たずにいつ勝つのか(8月27日) »