« 東京 1-1 名古屋 九死に一生 (8月24日) | Main | 土曜の試合について追加 »

August 28, 2005

磐田 1-1 東京 ここで勝たずにいつ勝つのか(8月27日)

 川口(能)・鈴木・服部・福西・西・前田が負傷または出場停止で欠場ということで、ヤマハでの初勝利の好機と思い、行ってしまった。さらに前半途中で名波・成岡も負傷し、東京の欠場者は金沢と戸田だけだから、絶好機だったのである。とはいえ東京はササが加入したばかりでもあり、チームとしての完成度には問題があるのだが…
 最初はまたも「ぐだぐだ」だったが、前半終了間際の梶山のシュートがバーに阻まれるなど、チャンスもあったしピンチもあった。後半途中からはササを投入し、今野を左サイドからボランチに、ノリオを左サイドとした布陣が機能し始め、いい感じの攻勢が続いた。更に石川に代えて馬場を投入し、1点を取りに行く。ただ、ときどき磐田のカウンターが不気味であり、河村のドリブルからチェにボールが渡ったら、なぜかノーマークになっており、決められてしまった。
 その直後、中央でのフリーキック。馬場はノールックでど真ん中へ。栗澤にボールが通り、シュートが決まって同点! 更に宮沢を投入してサイドチェンジをしながら攻撃するが、そのまま終了。
 追いついたことはすばらしい。でも、この3試合で2分け1敗というのは1勝2敗以下なのである。神戸とヴェルディが勝ったので、いよいよ残留争いが迫ってきた。次は一つの天王山、今年一度も勝っていない柏と、苦手のアウェイでの4回戦目である。その前に今日の柏と清水のヘタレを祈るばかりだ。
 左サイドバックについては、金沢の復帰までには相当時間がかかるだろうから、むしろ怪我が治ったら戸田を入れてみたらどうだろうか? 「スーパー左サイドバック」が誕生しないだろうか? ドリブルがまずいかな?
 それにしても、「レギュラー」に不調や怪我人が出る中、「控え」にも信頼がないのか、カバーできる選手がいないのか、というようなところが辛い。チームとしての戦術がなさすぎるのではないだろうか? いっぽう、ササを取ったら阿部が復帰というのも、ちぐはぐといえばちぐはぐだよなあ。阿部はサイドもできるからいいのかな?
 ところで、カズはJ2最年長ゴールだそうで、前の記録はアマラオだそうで、アマの怪我は治ったのかなあ…
 最後に、昨日はビジネスホテル磐田というところに泊まった。格安ホテル、便利さという点では大分のニューはやしには劣るが、バストイレ共同で4,500円。とはいえ結果論だが、試合終了後にバスで磐田駅へ戻れば、「終電」には間に合うようであった。

|

« 東京 1-1 名古屋 九死に一生 (8月24日) | Main | 土曜の試合について追加 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/5673271

Listed below are links to weblogs that reference 磐田 1-1 東京 ここで勝たずにいつ勝つのか(8月27日):

« 東京 1-1 名古屋 九死に一生 (8月24日) | Main | 土曜の試合について追加 »