« あす | Main | Jeff Beckを見てきた »

July 18, 2005

東京 4-0 横浜 久しぶりの理想形 (7月17日)

 終わってみれば4-0。でも、開始直後の那須のシュートが決まっていたら、石川の代わりにノリオが出ていなかったら、ノリオのフリーキックを「壁」がよけていなければ、2-0の後土肥の2つのスーパーセーブがなくて1点差に追いつかれて松田か中澤が前線に上がって来たら、などなど「たられば」にはこと欠かず、それでも結果的には大差になってしまうというのがサッカーの怖いところなのであろう。
 ルーカスは中澤に完封されたものの、東京の各選手が各自の能力を発揮したのが勝利につながった。1点目はルーカスとジャーンの存在感ゆえに、マークを外すことに長けている今野がフリーになったのだと思うし、ノリオのフリーキックを呼んだ戸田の飛び出しもよかった。あのフリーキックは普通なら右利きが蹴るところ、左足アウトで思い切り蹴ったノリオには爽快感を覚え、馬場・梶山も「らしさ」を発揮したところに少し安堵、試合を通して茂庭のカバーリングには膝を打った。
 それにしても、優勝争いではない両チームの試合に、4万3千の大観衆が詰め掛けたというのが驚きだった。ビール100円引きが効いたのだろうか? だったら毎回ビールデイにして欲しいものである。
 さて、次は神戸というのがかえって不気味だが、その後休みに入る。ササが加入してシステムや選手交代も変わってくるだろう。ちなみに、ここ数試合浅利がサブに入っているが、使う状況があまり想定できない。さらに、今後出場停止者も出るかもしれないから、新たなコンビネーション作りも必要になってくるのだろう。神戸戦と再開後の数試合で、遅ればせながらも、今年のサッカーが出来上がってくるのか、見物なのではないだろうか?

|

« あす | Main | Jeff Beckを見てきた »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/5020850

Listed below are links to weblogs that reference 東京 4-0 横浜 久しぶりの理想形 (7月17日):

« あす | Main | Jeff Beckを見てきた »