« ブラジル 4-1 アルゼンチン (テレビ) | Main | 東京 2-2 セレッソ 同じ過ちを繰り返す (7月2日) »

July 03, 2005

横河 3-1 ホリコシ 漁夫の利横河、完勝(7月2日)

 アマラオ目当てで武蔵野(4年ぶりぐらい)に行ったんだが、結局ケガで欠場。「2ちゃんねる」だが、どうもそんなような書き込みがあったので、ガセと信じつつも心配もしていたのだが、前売り券を買うという「暴挙」も犯していたし、確認もできないし… 吉祥寺からバスで行ったが、20分に1本しかないことを忘れていた。
 実は横河・ホリコシとも今年2試合目。J2を1試合しか見てない割に、よく見てるもんだ。
 ホリコシはアマラオ以外にもキャプテン藏川・平間を出場停止で欠く。中盤にスキンヘッドの元札幌の奈良が入り、奮闘するが、芝でボールが不規則にバウンドするせいか、空回り。ボランチの一角は元横浜FCの高木だったが、あまり機能せず、そのせいかもう一人の矢部が特徴を出せなかったようだ。
 横河はエース村山を出場停止で欠くということのようだが、スタメンを見ると2番から6番が出ているということからも想像つくとおり、かなりメンバーは安定しているようだ。チームの約束事もはっきりしているようで、ルーズボールへの出足もいい。前半の早い時間で横河が先制し、後半にも着々と加点。退場者を出し、3人交代枠を使い、負傷者も出て、9人になるかと思ったが、何とか10人で持ちこたえる。というより、10人を感じさせない運動量。
 ホリコシは終了間際に小松原のフリーキックのこぼれ玉を斉藤(?)が押し込んだが、焼け石に水。サポーターも応援をやめており、3点入った時点で横断幕を片付け始めていた。ううむ、武蔵野でアマラオ見たかった…
 今季見たJFL2試合の観衆はそれぞれ500,300人台だったが、昨日は1,100人台入ったということは、アマラオ目当の観衆が500人近くはいたといっていいだろう。そのお陰で入場料収入を稼ぎ、アマラオのいない近い順位の相手から勝ち点もしっかり取った横河は、「漁夫の利」を得たと言ってもいいだろう。

|

« ブラジル 4-1 アルゼンチン (テレビ) | Main | 東京 2-2 セレッソ 同じ過ちを繰り返す (7月2日) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/4808454

Listed below are links to weblogs that reference 横河 3-1 ホリコシ 漁夫の利横河、完勝(7月2日):

« ブラジル 4-1 アルゼンチン (テレビ) | Main | 東京 2-2 セレッソ 同じ過ちを繰り返す (7月2日) »