« 横浜戦・神戸戦雑感 | Main | 明日は「花試合」 »

July 24, 2005

東京 1-1 神戸 やってもうたわ(7月23日)

 地震があったのは家にいたときだった。ちょっと怖かった。直後に家を出て、笹塚から京王線(旧)に乗り、バックスタンドに便利なJR信濃町から国立に向かおうとしていたが、笹塚駅に着いたら、しばらく京王新線しかないということだった。それに乗り、新線新宿からJR乗換えは果てしなく遠いし、嫌いな南口を経由するので、40円高い大江戸線を使うことにした。結果的にはJRが動いていなかったようで、これが正解だったみたいである。
 朝大雨が降ったので、調布の花火大会が順延になるぐらいの荒天になることを、屋根のない国立ながらに期待していたが、天気が荒れることはなかった。しかしながら地震の影響でキックオフが30分遅れることに。国立はビールを500mlで売るのだが、キックオフ前に2杯も飲んでしまった。これが1杯500円だから、350mlでタンブラー割引450円の味の素スタジアムよりも割安なのである。しかもあそこは「よく冷えた」フライドチキンぐらいしか食べ物がなく、食環境が最低だったななんてことを改めて思い出したのであった。食べ物は近くで買って持ち込むから、せめてあそこでの東京のホームゲームは全部ビールDayにしてもらいたよ。まったく。

 閑話休題。スタンドは「いつもの人」に遅刻・欠席が目立ち、ケータイの通じも悪く、地震の影響を思い知らされる。それにしても神戸のサポーターの数が少ない。残留に向けて戦っているように見えない。おまけに黄色いTシャツ(何でも佐伯応援Tシャツらしいが…)着て、柏の替え歌(同じメロディの歌が複数あった)歌う人ばかりだし…
ここでフェアプレイフラッグを「横浜市の三浦さん」が掲げていれば笑えたのだが、さすがにそんな訳はない。

 試合は予想通り攻撃の東京と守備の神戸という感じ。神戸は登録上は4-4-2だが、佐伯がCBに下がり、5バックのような印象。東京はジャーンがJ1で100試合、石川をスタメンに起用したが、相変わらずの空回り。というよりも、左からの攻撃がほとんどだった。ただ、ノリオも宮沢もいないので、セットプレーに期待が持てない。攻めつけるのだが、逆にバックラインの裏にボールを出され、栗原に決められる。あー、やってもうたわ。栗原ってのは常に東京の宿敵チームにいるという印象があるが、ここによればこういうことである。
 「ヴェルディ川崎('96-'98/神奈川)→ベルマーレ平塚('98/神奈川)→ヴェルディ川崎('99/神奈川)→サンフレッチェ広島('00/広島)→湘南ベルマーレ('01-'02/神奈川)→アルビレックス新潟('03-'04/新潟)→ヴィッセル神戸('05~/兵庫)」
 東京出身なのだがクセモノである。それに比べると平瀬は全く消えていたが…

 煮え切らないままに前半を終了し、後半開始直後は右から攻め、少し石川を試したようだが、やはりダメということかノリオに交代。石川のスタメン起用は失敗だったと思う。彼は少しスタンドからゲームを見て考えたほうがいい。更にこの日消え気味だったような栗澤も馬場に交代。それで攻撃が活性化し、馬場がきれいにコースを突いたミドルを決めたが、その後は神戸に守られた。あー、やってもうたわ。
 ちょっと考えたんだが、石川を起用するなら宮沢とセットで、でなければノリオ・梶山セットというような起用をすれば、試合内容が悪くとも、宮沢又はノリオのどちらかがピッチにいるので、セットプレーで点が拾える場合が増えると思うのだが、名案じゃないかなあ? もっとも、この試合の梶山のできは悪くなかったと思うけれど…

 残留に向けては神戸を勝たせなかったという点で、半歩以上の前進があったといえるが、6試合で2勝4分というのは、勝ち点では3勝1分2敗と同じことであり、少なくともこの期間4勝2敗の浦和とは差が開いたのである。こうなってくると、バイエルンミュンヘンから、どっかーんと大量得点を取って「祭り」を楽しむぐらいしか、この半年間、ひょっとすると1年分の憂さ晴らしができる手はないのではないだろうか?
 

|

« 横浜戦・神戸戦雑感 | Main | 明日は「花試合」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/5124651

Listed below are links to weblogs that reference 東京 1-1 神戸 やってもうたわ(7月23日):

« 横浜戦・神戸戦雑感 | Main | 明日は「花試合」 »