« 玉村豊男「回転スシ世界一周」 | Main | 忘れてはいけないこと »

May 22, 2005

東京 0-1 千葉 続く泥沼

 珍しく抜けられない(抜けたくない)用事があってキックオフに間に合わなかった。調布着が1304の特急に乗ったのだが、飛田給には停車しない。遅刻する人はほとんどいないってことなんだろうね。
 到着した直後、結構静かだと思っていたら0-0だった。席に着いた直後、ピンボールのようにボールが回ったと思ったら、ポペスクが強烈なシュート。またも呆気なく失点。その後もボールを回され、前半はそのまま終了。ラインが下がっており、ダニーロも後ろから追うような守りだった。たまに面白いプレーもあったけれど…
 後半、ダニーロを交代。ひょっとすると一種の「ダメ出し」だったのかもしれない。馬場かと思ったら戸田。でもこれで流れは東京に。その後も小林を文丈に代えて栗澤を前に出し、チャンスを作るが、皆単調なクロスばかり、シュートも枠を外れ、近藤も自信を失ったのか、シュートまで至らない。結局馬場と交代した。馬場は久しぶりの出場で、「プレーする喜び」を感じさせたが出場時間が短く、そのまま終わり。
 藤田・金沢といった復帰組や、戸田・馬場といった途中出場組に、プレーする喜びを感じたのが少ない収穫の一つ。ルーカスが出られないときはツートップのほうがいいと思う。次は戸田・馬場でどうだろう? でも、近藤は辛抱強く使わないといけないだろう。

 ナビスコは6,4,4,1という勝ち点で最下位であり、とりあえず大分・柏に勝っておき、最後は市原が消化試合となり、さらに運も手伝って決勝トーナメントというシナリオしかなさそうだ。

 少しずつよくなっているのかもしれないけれど、やはり昨年のセカンドステージのときと同様かそれ以下のレベルから進歩していないのかもしれない。気になるのは選手の動き出しの遅さもあるが、サイドチェンジや、石川の切り返して左足のシュートのように、相手の逆を取るプレーが非常に少ないことだ。99年の昇格前のときとちょっと似たようなムードもある。

|

« 玉村豊男「回転スシ世界一周」 | Main | 忘れてはいけないこと »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/4237736

Listed below are links to weblogs that reference 東京 0-1 千葉 続く泥沼:

« 玉村豊男「回転スシ世界一周」 | Main | 忘れてはいけないこと »