« March 2005 | Main | May 2005 »

April 24, 2005

横浜FC 1-1 徳島 山尾vs小峯(4月23日)

 スタジアムに入ると、いきなり久しぶりに顔を見る東京サポーターに声をかけられる。関東近郊のJ2のチームは少なくなったから、注意しないと小峯を見るチャンスを逸すると考える人々が少なくないようだった。

 徳島はGKだってノリヲ(元仙台)だし、伊藤彰(元川崎、大宮、鳥栖)がゲームを作り、FWも羽地(元柏ほか)と、話題の選手にはこと欠かない。ただ、アトランタ組の秋葉(元市原、新潟ほか)が運動量が少ない上にコンビネーションも悪く、完全なブレーキだった。もう一人のボランチ鎌田が勤勉に働くので、その差が歴然。
 いっぽうの横浜FCは、山尾はもちろん、アトランタ組の城のほかにも佐藤一樹(元F、京都、横浜FMほか)、貞富(元湘南ほか)といった好選手もいる。
 てなことで、我々は勝手に「同窓会」イメージで、川崎や仙台サポーターもいるのではないかと勝手に妄想しながら試合を見ていたのだった。

 徳島は鎌田から右サイドに展開するなど、組織的な攻撃があり、守備もリスクを負わない形なので、意外性は少ないものの、負けないが勝てないサッカー。それでも前半、GKとDFラインの間に出たボールをGKがクリアと思いきや、羽地が左足で決めて先制。小峯は相変わらずトラップやフィードに安定性を欠き、意外性のあるミドルシュートを一本吹かしたが、前に放り込まれるボールには、特にヘッドに強さを発揮した。城との競り合いのあとで握手したり、イライラする横浜FC久保田がいざこざを起こしそうになるのを止めるなど、ベテランというか隠居というか、少しは味も出していたのだったが…
 後半、横浜FCはシルビオを投入し、中盤を支配。徳島の中盤が疲れてきているのだが、そこに代えがいないようである。結局シルビオのミドルシュートがDFに当たってコースが変わり、同点。その後も両チーム、そこそこチャンスを作るが引き分け。

 横浜FCは、山尾は無難かつ普通のできだったと思うが、攻撃は個人技に終始し、特にFW久保田が何もできない。臼井(移籍)と内田(ケガ?)の穴を感じた。
 徳島は鎌田以外にも大島・片岡・谷地など、既存の選手の頑張りも目を引いたが、控えが手薄な感じだった。中盤以外にFWのスーパーサブも欲しいところか? (ケガ人などの状況は知らないけれどね)

 三ツ沢は、座席に頻繁にビールを売りに来てくれるという点では、J1規格をクリアしているといえる(静岡の2つのスタジアムは見習って欲しい)。ただ、昨日のように天気がいいと、ついつい飲みすぎるので注意が必要だ。

 ところで、東京については、帰りのバスや電車の中でiモードで見ていたのだが、ガンバに負けて3連敗となってしまったのだなあ…
 

| | Comments (2) | TrackBack (1)

April 17, 2005

東京 0-2 浦和 課題はやっぱり攻撃

 浦和に4バックにされて石川と戸田を止められ、交代した梶山・ノリオ・近藤が流れを変えられずに追加点を取られて敗戦。守備陣は増嶋・前田も含めて奮闘するも、失点シーンではマークを離していたようだ。1点目は金沢の裏にサイドチェンジが決まった(永井から長谷部)ことが大きかったと思う。茂庭は2週間程度ということで、実際にはGW明けぐらいからではないかと思うが、金沢がやや不安なものの、DF陣にはメドがついたといえるだろう。
 問題は攻撃陣で、栗澤はそれなりに気の利いたプレーをしているのだが、一人で打開するというタイプではなく、そろそろダニーロを見たいところである。この試合の交代選手以外にも、宮沢や馬場もいる訳だが、交代選手がゲームにうまく入っていけないことが多いのはどうしてなんだろう? そうなると阿部が恋しくなってしまのうのである。
 連敗で何位と思いきや、3勝2敗1分けで3位(暫定。5位までの可能性あり)なのだから、鹿島が少し抜けたとはいえ、まだまだ「ダンゴ状態」である。

 試合後の酒場での戯言集
 「アサリです。昨年、J1での100試合出場だったのですが、知人からこう言われました。『JFLから長かったね。苦節8年、やっと100試合』 あのー、ワタシ、J1の5年目で100試合出場してるんですけど、そんなに消えてますか?」
 私の中では、98年のJFL大宮戦(ここの一番下)での浅利のミドルシュートは、とてつもないスーパーゴールの如く、思い出す毎に、その距離・弾道などが拡大されて記憶に上書きがされている。そろそろ見たいところ。
 「トダです。今日も外すイメージがありました。15点取るにはあと100試合ぐらい要りそうです。」

 ゴールデンウイークは柏(H)、大分(A)、鹿島・大宮(H)と欠席だし、その前のガンバ(A)も行かずに三ツ沢で「山尾と小峯の対決」を見ようと思っており、試合間隔が開くので、昨日は勝ってほしかったが、私の見ていない間に立て直してくれることを祈る。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 13, 2005

名古屋 1-0 東京 怪我人だらけ

 テレビで見てたんだけど、やられました。負けたことよりDF陣の怪我人の多さが危機的。加地・藤田・藤山・茂庭。金沢も危ない感じ。ここは前田と増嶋に頑張ってもらうしかないかもしれない。それとも浅利? 迫井? 万一金沢がダメなときには、そこにノリオかね。石川も活きていないし。
 そういえば「エルゴラッソ」によれば、前節で藤山が記録を更新されたらしい。フィールドプレーヤー最長の78試合連続フルタイム出場という記録を広島の服部に。藤山がJ1での記録を持っていたこと自体驚きだが、服部に越されたのは光栄ともいえよう。
 とか何とか入れようとしたら、ココログ「混みあってます」だとか? 戸田より決定機を外すBlogでありますこと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 12, 2005

東京 1-0 磐田 戸田を堪能せよ!

 今や日本一得点機の多い選手だとか、GKと一対一になりかけて後ろから倒されても得点機じゃないから相手はイエローで済むとか、守備のときゴールラインでクリアできるのも外すイメージができているからだとか、阿部の得点力があったら間違いなく代表のレギュラーだとか、既に外し方だけならアマラオの後継者だとか、ガスの魂を引き継ぐ男だとか、各チームの10番が競演を望んでいるとか、3バックのウイングバックやらせたらどこまで走るのかとか、半分は私のでまかせだけれど、まあともかく長い距離を走って自力でチャンスを作る選手である。そろそろ点を取るのかどうかも分らないが、DF的には実に嫌な選手なのだと思うがどうなんだろうか?
 この日も戸田が数回チャンスを作ったが得点はできず、そろそろ「阿部がいれば」という時間帯に、実は彼の寄せからボールを奪って、梶山、今野と展開したそうで、最後は栗澤様々が左足で決める。この新人に全てゲームコントロールを頼まなければならないところも辛いが、仕方ない。
 名古屋アウェイは欠席だが、浦和も手負い状態なのが不気味だし、加地も怪我したし、踏ん張り所だ。近藤がんばれ。
 そういえば穴沢主審と聞いて「えーっ?」という声が上がったそうだが、結構よかったんじゃないの?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 09, 2005

TO*SCA

 第9号、明日磐田戦で配布。よろしく!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 07, 2005

台湾から帰国

 台湾出張からの帰り、ヒルトンホテルも見えてきて、車輪が出てくる音もして、いよいよ成田に着陸と思ったら、急に機首が上に。そのまま関空へ。

 そこで、以下のような書き込みをケータイから送ろうとしたら、ココログ止まってやがんの。
「台湾からの出張から帰って来たら、天候の関係で着陸地が成田から関空に変更に。機内でこれを書いている。」

 成田13:15着の予定が関空14時過ぎになり、16時過ぎに関空を出て成田に18時過ぎ。バスで新宿に向かう途中でさっきのヒルトンが見えた。で、家に着いたら20時だよ、ったく!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 03, 2005

海外

 ゴールデンウイークにイタリアとフランスに行く予定。がらにもなくセリエAを1試合(フィオレンティーナvsACミラン)見ようと思っているが、ローマ法王死去により、日程に注意が必要かも。あとはフランス2部を1試合見ることができそう。
 とかいろいろ計画していたら、火曜から木曜まで台湾出張が入ってしまった。海外関係ってのはなぜかシンクロして仕事が入ってきたり、公私含めてあわただしく複数回海外に行くことになったりしがちなんである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

神戸 1-2 東京 (テレビ)

 前半の終わり頃からテレビで見た。後半は守りに入る選手起用を「テスト」でもしていたのかと思わせるもので、金沢の守備に不安があったので藤山を投入したのかもしれないが、近藤で前からかき回して欲しかった。案の定というかなんというか、梶山のパスミスから失点。いっぽうで、そろそろ戸田の得点が見たいというのは衆目の一致するところ? そうそう、タイコがなかったことはテレビでも分った。
 次は日-水-土、磐田・名古屋・浦和という強行日程で、厳しいところだが怪我人が戻りつつあることもあるし、とりあえずは、磐田に久しぶりで勝つことだけを考えてもらいたいものだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

横河 3-1 佐川東京 久しぶりとしか言いようがない

 03年6月(佐川東京1-1ジャトコ;夢の島)以来のJFLだった。横河を見るのは02年4月以来のようだ。岡元がいなくなったので、興味を失ったということもある。ジャトコはなくなったし佐川には事件があったしで、JFLのまわりもいろんな動きがあったものだ。今年はアマラオも「参戦」しているので、JFLをあと数試合は見る機会があるだろう。
 会場の江戸川も久しぶりだったが、芝がひどく、荒れた試合を予感させた。佐川は何となくぬるい立ち上がりをしてしまったようで、いきなりバックラインの裏を破られ、クロスを村山に決められる。この選手は結構いい選手だったような記憶がある。そのしばらく後にも、左サイドからかボールが出て、池上(だったっけな?)が裏を突破、シュート決められずと思ったら、佐川DF冨山に赤。審判はまあ近くで見ていたので、エリア内でシャツかパンツでも引っ張ったのではないかと思うがよく分らん。これを池上が決めて2-0。佐川はウイングバック池田が左サイドを突破しまくり、185以上の2本の電柱、竹谷と大久保(元横浜FC)に合わせるが、点にはつながらず、退場者を出したあとは3-5-2を4-3-2と修正。前半はそのまま終了。
 これまで漏れ聞くところからすると、10人で2-0というのは、かなり佐川には適度なハンディではないかと思った。後半、出てくる選手からみなぎる緊張感からも、そんな印象を受けた。だが、後半も、セットプレーからのこぼれ玉を熊谷に押し込まれて3-0。選手交代も行うが、ピッチの悪さもあって、攻撃が空回りし、終了間際の大久保の1点のみ。そういえば横河のボランチの田辺は、平塚で活躍していた選手だった。
 入場者は501人ということで、もし私が行かなければジャスト500人だったんだな。
 何年か前と比べると、JFLも選手の異動が活発化してきてるようだ。
 

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« March 2005 | Main | May 2005 »