« Sad Cafeとポール・ヤング(Paul Young) | Main | 立春(冬至と春分の間) »

February 06, 2005

2件の満員体験

 ともに、ネット掲示板なのか口コミその他なのかよく分らないが、急速に情報が伝わったようで、最近行ったら混雑していた幡ヶ谷の2件の店。一つはずっと休んでいた牛タン「萬月」が営業を再開した。小さい店だが牛タンをはじめ、いろんな創作料理が楽しい店。「ひょっとして閉店?」と気を揉んでいた身としては、嬉しいことである。
 もう一つは、世田谷通りに移転することになった麺屋八蔵」。煮干ダシのラーメンや、つけ麺が好物だった。どんな理由があるのだろうか?
 店との出会い・再開と別れ、小さな喜びと悲しみ。こんなことを繰り返しながら、街も人も少しずつ変化していく。だから、かつて住んだり通ったりしていた街は、ときどき見ておかないと、憧れの彼女がすっかりババアになってしまったの如く、「思い出が破壊される悲しみ」を味わうことになる。もちろん、こんなのは非常に身勝手な思い出であるのだが、人に迷惑はかけてないから、許容されるものだろう。だから、海外も含めて、そういう街には、ときどき顔を出しておいたほうがいいと思うのだ。
 さて、長年住んだ調布に通える時期が近づいている! 試合の前後には、大好きな場所である多摩川の河川敷に行ったり、住んでいたアパートのあたりも徘徊してみるかな? というのが「FC東京カテゴリ」のひとこと。

|

« Sad Cafeとポール・ヤング(Paul Young) | Main | 立春(冬至と春分の間) »

Comments

 コメントありがとうございます。
 あのあたりの美味い飯屋の話をどんどん書いてください。参考にさせていただきます。

Posted by: Mendoza | February 10, 2005 at 06:54 PM

こんにちは。まじですか??ずいぶん待ちました・・・。あのマスター好きなんですよねー。

八蔵移転はかなしいっす・・・。でも、何故か縁があるのかも?以前住んでた場所ですし・・・。

Posted by: kucchi | February 09, 2005 at 10:19 PM

こんにちは。まじですか??ずいぶん待ちました・・・。あのマスター好きなんですよねー。。。

八蔵移転はかなしいっす・・・。でも、何故か縁があるのかも?以前住んでた場所ですし・・・。

Posted by: kucchi | February 09, 2005 at 10:19 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/2824076

Listed below are links to weblogs that reference 2件の満員体験:

« Sad Cafeとポール・ヤング(Paul Young) | Main | 立春(冬至と春分の間) »